タウンワーク枠得プランの価格計算は複雑に思えてしまいます

求人メディア

コストパフォーマンスが比較的高めのメディアとして、僕自身も結構な頻度で利用しているタウンワーク枠得プランというものがあります。成果に応じて枠数を増やしたり、減らしたりして、調整しているので月ごとにお支払いする金額が変わります。本日はあまり実用的ではないかと思いますが、枠得プランの価格計算方法が少し特殊なのかもしれないと感じたので、僕自身の備忘録も兼ねて書かせてもらいました。

タウンワーク枠得プランの説明から

過去記事になりますので、お時間のある方はお読みください。

ノーマルプランとアドバンスプランの2通りありますが、僕は結構コストパフォーマンス的には高いと感じています。

もちろん案件にもよりますが、「広く、安く、採用コストを抑えていく」という点で力を発揮してくれます。

枠得プランっていくらくらいかかるの?

価格については、リクルートから発行されているメディアガイド(営業案内資料)にすべて書かれています。

出典 リクルートメディアガイド

人材派遣業界の会社になると別の扱いになるのですが、枠得プランは1枠¥4,500円で掲載することができます。

タウンワークの紙面に掲載がない分、お得な価格設定になっています。

ここからはちょっとした頭の体操みたいな感じで捉えてもらえればと思います。

  • 10枠掲載をするなら¥45,000円です。
  • 100枠掲載をするなら¥300,000円です。

こういった感じでプラン設定というか枠数設定をしていけばいいです。

では、なにが実際にややこしいと感じるのか

案件数を増やしたり、またこのプラン表にない枠数を購入する際の価格算出方法が紛らわしいです。

さきほどの繰り返しになります。

  • 10枠掲載をするなら¥45,000円
  • 100枠掲載をするなら¥300,000円

では、110枠の購入をしたい場合には¥45,000円+¥300,000円=¥345,000円とはならないのです。ここが紛らわしいです。

価格表をよく見てみると、1枠あたりの単価がそれぞれ書かれています。

出典 メディアガイド

こんなの当たり前じゃんと思う人の方が多いはずです。僕もそう思っていました。

でもこの単価がイレギュラーな枠数購入の際に重要なのです。

110枠購入の際には(100+10)枠なので100枠の単価、¥3,000円がベースになります。

¥3,000円✖110枠=¥330,000円というのが正しい計算になります。

【まとめ】書いていないからややこしいと割り切ります

そもそも10枠単位で価格が書かれているけど、110枠だとか160枠だとかそういったものが書かれていないから余計にややこしく感じるのだと割り切るようにしました。

求人案件を掲載する側からの問い合わせはないのかなと思ってしまいます。

タウンワーク枠得プランを使用するケースってあまりないのかもしれませんが、使われる方の参考になればと思って記事にさせてもらいました。

本日のまとめ

タウンワーク枠得プランの価格計算が少し複雑に感じて記事にしました。価格表に掲載のない枠数の場合は、低い方で一番近い枠単価を計算に使います。180枠であれば、100+50+30枠ではなくて、100枠の¥3,000円✖180枠=¥540,000円となるのです。間違えないようにしたいものです。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com