タウンワークはペーパーではなくネット掲載が軸のメディアになりました

求人メディア

最近、タウンワークの本質が少し変わってきてませんか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・求人誌と言えばタウンワークのイメージが強くない?
 ・求人メディアってどんな点で評価されるものなの?
 ・やっぱりタウンワークの費用対効果が一番いいの?
 ・タウンワークのオプションプランはどんなのがあるの?
 ・タウンワークネットの長期掲載プランがあるの?

求人誌の中で知名度が高くて、安定感のあるメディアとしてタウンワークを選ぶ人は多いです。

実際、僕自身もそのように考えています。

ところが最近は少し変わってきました。

求人誌としてスタートしたタウンワークがネットメディアへと大きく変わりました。

求人メディアの評価項目

求人メディアを評価するときのポイントはいくつかあります。

ただ、評価する人によってポイントは大きく異なります。

仕事を探す求職者目線
・掲載されている求人情報の件数
・そのメディアの知名度
・読みやすさ(紙)、使いやすさ(サイト)
掲載する会社目線
・発行部数、設置部数(紙面)
・ユーザー数(サイト)
・掲載料金
・コンバージョン数(応募数、採用数)
・コストパフォーマンス

このようなことが挙げられます。

タウンワークが紙メディアのなかでトップとされる理由

僕はタウンワークを使う頻度がかなり高い方です。

求人誌のなかではダントツで一番です。

そしてタウンワークが1番の紙メディアだとされる理由は1点です。

タウンワークに代わる知名度を誇る、オールラウンダー的な紙メディアが他にないから。

ほかのメディアも試してみるのですが、代わりが見つからないのです。

以前、発行されていた求人誌の多くは廃刊となり、現在はタウンワークの1人勝ち状態です。

タウンワークがほかの求人誌に首位をとられない理由
・全国の主要都市はほぼ網羅した発行体制
・アルバイトから正社員まで幅広い雇用形態の募集に対応している
・著名人を起用したプロモーションをおこなっており、幅広い世代からの支持率が高い
・インターネット版と上手く連動しており、網を広げることができる
・充実のユーザー数
・オールラウンダー的な存在で会社としては使い勝手が非常に良い

もちろんタウンワークには素晴らしい点がたくさんあります。

他がダメだからという理由だけで、タウンワークが首位ということではありません。

タウンワークが完全にネット化

タウンワークは求人誌からスタートしたメディアですが、最近はすっかりネット化しました。

タウンワークネットが始まり、現在用意されているオプションはネットに関するものが多いです。

「サーチローテーション」や「iプラス」などのオプションはネット版に紐づけられています

2020年の夏にスタートしたプランで、完全にネット化してしました。

  • タウンワークネット2週プラン
  • タウンワークネット4週プラン

求人誌に1回掲載をすると、ネット版に長期掲載してもらえるプランです。

2週間掲載してもらえる2週プラン、4週間の4週プランです。

求人広告の営業担当者でも見解が分かれます。

営業スタッフAさん
タウンワークに掲載して貴重な求人誌のユーザーを拾って、さらに重要な流入源であるインターネットユーザーも拾うことができるという大変有効なプランです。

最近は、ネット応募率の方が高い傾向にあるので、長期で掲載をすることによって応募コンバージョンをさらに高めるコストパフォーマンスに優れた掲載プランです。

営業スタッフBさん
最近は求人誌よりもインターネットからの応募流入が圧倒的に多い傾向です。

タウンワークはインターネットだけの掲載ができないので、求人誌をとりあえず1回だけ掲載して、タウンワークネットへの4週の長期掲載を1番の目的とするプランがあるのでオススメします。

各プランごとの掲載金額

価格面でのメリットがどれくらいあるのか調べました。

プランはいろいろありますが、全く同じ内容のプランはないので単純に概算金額での比較です。

タウンワーク
引用 タウンワークメディアガイド
4週間掲載をすることを各プランの前提とします。
勤務地は愛知県、タウンワークの求人誌は東海版に掲載するものとします。

タウンワーク(A1サイズ)を4回

  1週目    2週目    3週目    4週目   合計 
(税抜)
求人誌A1
18,000円
A1
18,000円
A1
18,000円
A1
18,000円
72,000円
 ネット版 1週のみ1週のみ1週のみ1週のみ
メリット
・求人誌に4回掲載ができる(求人誌ユーザーの取りこぼし防止)
デメリット
・掲載サイズが小さすぎる(大きくすると経費がかさむ)

タウンワークネット4週(A2サイズ)を1回

  1週目    2週目    3週目    4週目   合計 
(税抜)
求人誌A2なしなしなし
 ネット版 あり
54,000円
継続継続継続54,000円
メリット
・掲載金額が一番安い
デメリット
・募集内容の変更が途中でできない
・募集が終了しても掲載がストップできない

タウンワークネット2週(A2サイズ)を2回

  1週目    2週目    3週目    4週目   合計 
(税抜)
求人誌A2なしA2なし
 ネット版 あり
43,000円
継続あり
43,000円
継続86,000円
メリット
・求人誌に2回掲載ができる
・求人誌とネットのバランスが取れている
デメリット
・掲載金額が一番高い

タウンワークネット長期掲載プランはコストを抑えることができます。

コストは抑えることができますが、途中変更や掲載ストップができないデメリットもあります。

タウンワーク
引用 タウンワークメディアガイド

【まとめ】長期掲載&ネット重視&コスト削減が最近のトレンド

ここ最近は求人誌よりも求人サイトの方が重宝されがちです。

採用をする側にとっては求人誌よりもネットの重要性を認識しているからだと思います。

リクルートのユーザーニーズに対するアンテナは非常に高いです。

美味しいところを突いてくる力に長けており、売上の作り方が上手です。

現在のオプションは、ほぼネットに紐づいています。

  • iプラス
  • サーチローテーション
  • オウンドパック
  • 社員強化プラン
  • タウンワークネット長期プラン

どのプランにもメリット・デメリットはあるので、うまくバランスの取れた掲載をすべきです。

全体的にはネットを重視してよいです。

本記事のまとめ
 ・タウンワークネットの長期掲載プランは2週と4週から選択できる
 ・長期掲載プランはコストを抑えて長期掲載が可能
 ・最近のリクルートメディアの掲載オプションはネットに紐づくものばかり
 ・掲載企業も求職者もネットメディアを重視しがちと言える
 ・コストを抑えた上で長期掲載するのが最近のトレンド

本日は以上です。

スポンサー広告