株式会社リブセンスの運営する転職ナビがサービス終了になります

求人メディア

転職ナビという求人サイトが閉鎖になると聞きました。

このことについて教えて下さい!

この疑問を解決します。

この記事の内容

先日、転職ナビを運営するリブセンスから連絡をもらいました。

内容としては転職ナビのサービスが終了というものです。分かりやすく言えば、サイトが閉鎖になるということです。

転職ナビがどういったサイトだったのかということと、サービス終了となった背景について書かせていただきます。

転職ナビってどんなサイトなのか

リブセンスが運営する転職ナビは主に正社員採用を想定した転職サイトです。

引用 転職ナビ

取扱い職種はデスクワーク、営業から現業まで幅広いです。

募集を掲載する会社としては、

  • 応募課金
  • 採用課金
  • 掲載課金

採用難易度や特性に合わせて掲載ができる仕組みになっています。

スカウトやメール送信ができるので、ダイレクトリクルーティング機能もあります。

リブセンスから届いたお知らせ

転職ナビがサービス終了とのメールが届いたのが、2021年11月25日のことでした。

サービス終了予定日は2022年1月31日とのことです。

終了になる背景としては、

  • コロナ禍からの完全回復までに、まだまだ時間を要すること
  • 他社の台頭もあり、押され気味であること
  • 経営資源をほかに回して事業展開を図りたい

かんたんに言ってしまえば、転職ナビでの採算が取れないということです。

【まとめ】コロナ禍のなかで転職市場で採算を取ることは難しい

リブセンスは東証一部に上場している大きな会社です。

そうした企業でも、正社員転職サイトの領域から撤退するということは、それだけ転職市場が小さくなってしまっているということの裏返しかもしれません。

最近は働き方改革、少子高齢化、外国人の流入など、いろいろな課題があります。

とくに、転職ナビが取り扱うような正社員案件は減少傾向にあると聞きます。会社が欲しいのは若年層、採用市況で多く活動しているのはミドル層といったギャップもあります。

応募課金・採用課金といった掲載システムの先駆者だった転職ナビがなくなるのは会社からすると痛いニュースでしたが、また新しいものが立ち上がるように期待したいと思います。

転職ナビは2022年1月末をもってサイトが終了となります。これもコロナ不況の影響なのかもしれません。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告