【効果検証】タウンワーク枠得のアドバンスってノーマルよりも優秀?

求人メディア

よく求人メディアの営業提案を受ける際に、「応募効果が1.5倍増えました」とか「採用歩留まりが30%改善出来ました」とか、そのほかいろいろなうたい文句みたいなことを営業担当の人から言われます。確かにデータを見せられて、説明をもらいますが、実際の話なのでしょうか。疑い深い性格の僕が、採用担当の人として検証してみましたので記事にしてみます。

効果検証の今回のターゲットはタウンワーク枠得プラン

僕の所属する部門では、限られた求人メディアしか掲載していません。

  • 掲載を長いこと行ってきて、効果の出やすいものが一定のものしかないこと
  • 知名度を第一にメディア選定を行う人が多いこと
  • 万能(いろいろな職種や雇用形態に関係なく掲載ができる)な求人メディアが少ない

そういった状況なので、なかなかABテストみたいな形で効果測定をしづらいのが現状です。

そんな中でも、タウンワークの枠得プランは比較的ボリュームを多めにして掲載しているので、ここで分析をしてみることにしました。

実際にどうなのでしょう?気になりますよね。

枠得プランの簡単な説明については過去の記事を読んで頂ければと思います。


【前提知識】枠得プランには2つの種類がある

枠得プランとひとくくりにして書いてますが、実は2つあるんです。

通常(ノーマル)とアドバンスの2つです

「アドバンス」と付くくらいなので、「ノーマル」よりも優れているということになるんです。

でも本当にアドバンスは優れているのか?本当に通常プランよりもアドバンスなのか?という疑問があったので効果検証してみましょうというのが、今回の記事の趣旨になります。

通常プランとアドバンスプランの具体的な違い

  1. インターネット原稿の表示順位が違うと言われています。

もちろんアドバンスの方がより上位表示されます。採用に関わる人以外には、いまいちピンと来ない内容だと思いますので、「上位表示されやすい」的な理解をしてもらえれば十分です。

  1. 価格が倍違います

アドバンスプランの金額はノーマルプランの2倍の価格になります。

出典 リクルートメディアガイドより

以上の2点です。たったこれだけなんですよ、実は。

求人原稿の見た目だとかには、全く違いはありません。

どのように使い分けするのか

これは採用担当の人の考え方次第だと思います。

採用難易度の高い案件をアドバンスプランで掲載してチャレンジするケースもあれば、採用難易度の低い案件をアドバンスプランでさらに採用を進めて採用単価の低減しようとしたり。

僕みたいにABテストみたいなものを実施して、分析に使おうとする人もいます。

いろいろな人に話を聞いても、正直どちらが正解かということはなさそうです。

実際に効果検証してみました

2019.11月実施のABテスト(1週間実施)

半年以上前のデータにはなりますが、実施した結果をそのままアップします。

ノーマルプランとアドバンスプランの効果比較

注)案件Aだけ仕事検索のときに使われる職種軸を変えましたが、他のものはノーマルプランとアドバンスプランの職種軸は統一しています。ノーマルプランは「N」、アドバンスプランは「AD」と表記しています。

案件が魅力的かそうでないのかという問題はありますが、やはりアドバンスプランの方が見てもらえる確率は上がるようです。

A~F各案件の実績数値を見ていてもよく分かります。

数字の結果から推測できること

この結果から分かることをまとめてみたいと思います。

  • 閲覧数(一覧)はアドバンスプランの方がノーマルプラン1.5~2.0倍くらい多い。
  • 一覧閲覧から詳細閲覧への遷移率はアドバンスプランの方が圧倒的に高く、掲載順位の高さの重要性を感じる。
  • アドバンスプランでも職種軸設定を間違えると閲覧数は伸びない。
  • 仕事検索で詳細画面を見てくれるユーザー(SP)はスマホ流入が圧倒的である。
  • ガラケー(MB)は今後も衰退の方向性だと予測できる。

【まとめ】もともとの枠単価が低いので基本的にはアドバンスプランで戦うべき

僕の意見としては、多少の経費がかかってもとにかくPV数を上げる取り組みをするべきだと思います。

簡単に言ってしまえば、アドバンスプランで掲載するべきだと思います。

理由の振り返りをもう一度!

  1. 一覧閲覧数はアドバンスプランの方が1.5倍ほど多い
  2. 一覧閲覧から詳細閲覧への遷移率が3倍ほど多い
  3. 仕事探しに熱心なスマホユーザーを意識すると掲載順位は死活問題

ノーマルプランではなくアドバンスプランを使った展開の方が良いと思います。

本日のまとめ

タウンワーク枠得プランには2通りの掲載方法がありました。ノーマルプランとアドバンスプランの2つです。もともとの枠単価自体は非常に安く設定されていますので、ある程度の効果を出そうと思えば、アドバンスプランでの掲載をおすすめします。でも、枠得のコンセプトは広く・浅く、網にかかればラッキーですねというスタンスであることをお忘れなく。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com