営業時間外のネット応募者は本当に連絡が取りにくいのか検証しました

コラム

営業時間外のネット応募者に後日電話しても出てもらえますか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・営業時間外の応募者にどうやって対応している?
 ・なかなか連絡が取りにくくないですか?
 ・なにかいい方法はないですか?
 ・チャットボットは有効なの?

僕はアウトソーシング事業の会社で採用全般の担当をしています。

人材派遣や業務請負といった人材ビジネスをアウトソーシングと言います

応募してくれた人への対応や面接もルーティン業務の1つです。

最近はネット応募が増え、それに合わせて時間外の応募も相当あります。

応募時間外に応募してきた人の離脱を減らすために、チャットボットシステムがあります。

チャットボットの提案を受けたので紹介します。

今回の提案内容

どんな会社にも営業時間はあります。

年中無休・24時間営業の会社や店舗はありますが、採用機能が24時間稼働していることは稀です。

応募者の取りこぼしを少なくするためにチャットボットを導入しないかというものでした。

チャットボットを導入するメリット
・手間のかかる応募対応業務をロボットが対応してくれるので工数削減できる
・営業時間外に応募してくる人の取りこぼしを最小限に抑えることができる
・採用スタッフが24時間稼働している場合は、人件費の削減ができる

本当にそう言えるのか検証してみます。

特に「②営業時間外に応募してくる人の取りこぼしを最小限に抑えることができる」に注目します。

身近なところで出た意見で、僕も少し同じ認識を持っていることがあります。

会社の営業時間は、9~19時くらいが一般的です。

それ以外の時間に仕事の申し込みをしてくる人の一般常識は、疑問も感じます。非常識ともいえる時間帯に応募してくる人が採用に繋がる可能性は、実は低いのではないですか?

引用:採用に関わる人の率直な意見

ただし、これは電話での応募に言えることです。

今回の提案は、あくまでもネット応募に関してのことなので、こうした意見は気にしないことにします。

受付担当としての悩みは電話が繋がらないこと

応募受付の対応業務にも、大変なところはいくつかあります。

会社に対して気を遣うべきこともたくさんあります。

一番大切にしていることは、やはり「歩留」です。

1名でも多くの応募者を採用に結び付けていくことですが、これがなかなか難しいのです。

応募者との接点だけを考えた場合、連絡が取れるかどうかが重要になります。

連絡が取れない人がとても多く、毎月かなりの数の離脱があるのが実情です。

インターネットの普及が原因だとも言われます。

・24時間、自分の好きな時間にインターネットから応募ができる
・いろんな会社に一括で申込みができる
・簡単に申し込みができてしまう

こういう状況なので、連絡が取れないのです。

営業時間外に応募がある人は、本当に連絡が取れないのか検証してみました。

1週間の応募状況

実際に応募時間の分布を見てみます。

長期間のサンプリングではありませんので、参考程度に見て下さい。

時間外の応募が確認できるのはインターネットからの応募だけです。

本部で対応したインターネットからの応募の実数なので、他の事業所での応募はノーカウントです。

カッコ内は最後まで連絡が取れなかった人の数です。
0~9時 9~19時 19~24時
 月曜日 3(1)9(7)3(1)
 火曜日 4(2)5(1)1(なし)
 水曜日 1(1)5(なし) 4(1)
木曜日4(なし) 8(3)5(1)
金曜日2(2)4(3)4(1)
土曜日2(1)2(1)1(なし) 
日曜日1(なし)6(2)2(なし)
各時間帯ごとのネット経由の応募詳細

もう少し見やすい表記に変えてみます。

0~9時9~19時19~24時
3(33.3%)  9(77.8%) 3(33.3%) 
4(50%)5(20.0%)1(0%)
1(100%)5(0%)4(25.0%)
4(0%)8(37.5%)5(20.0%)
2(100%)4(75.0%)4(25.0%)
2(50.0%)2(50.0%)1(0%)
1(0%)6(33.3%)2(0%)
 合計 17(50.0%)39(43.6%)20(20.0%)
曜日・時間帯ごとの応募数(連絡が取れなかった人の割合)
応募状況から分かること
営業時間外の応募者だからといって、連絡が明らかに取れにくいということはありませんでした

「時間外の応募=連絡が取れない人」と結論づけることはできません。

逆に意外だったのは、営業時間中のネット応募者の連絡が取れない確率がとても高いことです。

仕事の始まる前や終わった後で応募してくる在職中の人も一定数います。

そういった方は比較的、連絡が付きやすく、数字を底上げしていることも考えられます。

【まとめ】時間外の歩留改善のためだけにボットを入れるのはNG

営業時間外の応募の歩留を改善するためだけにチャットボットを導入するのは好ましくありません。

時間外よりも、営業中の歩留の方が悪いケースが多々あるからです。

まずは社内でデータを取ってから検討してみることをオススメします。

ボット導入よりも応募受付、面接フローの方に改善すべき点が多いものです。

慎重に検討しましょう。

まとめ
 ・応募の歩留を改善するためのチャットボットシステム
 ・おもに営業時間外の応募対応のためにつくられたシステム
 ・営業時間外のネット応募だからといって歩留が極端に悪いということもない
 ・営業時間外の歩留改善のためだけにチャットボットを導入することはあまり好ましくない
 ・チャットボット導入の前に社内で細かなデータを取るべき

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告