パーソルグループのシェアフルという会社が運営する求人マッチングサービス

求人メディア

シェアフルについて教えてください!

アドバイスさせていただきます。

短期・短時間の募集案件は、以前から人気の案件です。

母集団の形成はあまり苦労しない案件ですが、それでも応募数は減少傾向にあります。

この記事の内容
 ・シェアフルってどんなツールなの?
 ・ライバルサイトはある?
 ・シェアフルの強みはどこにあるの?

シェアフルの概要

シェアフルは株式会社シェアフルが運営する求人マッチングアプリです。

ライバル的な存在としてTimeeがあります。

求人マッチングアプリのTimeeを導入するメリット【2021年度】

特徴
・短期単発の案件に強み
・求職者100万ダウンロード、法人登録者数9000社

単発・短期採用に強みをもっています。

【比較】シェアフルとTimee

シェアフルとTimeeの比較をしました。

シェアフルTimee
形態直接雇用
(日々紹介)
直接雇用
契約・勤怠管理電子
(相談可能)
電子
ニーズ単発
短期
長期
単発メイン
マッチング  オンライン質問項目が  
面接の代わり
早い者勝ちで
  自動マッチング  
手数料30%30%
給与支払い
(即時)
可能可能
キャンセル防止策ありあり

シェアフルもTimeeも内容的にはほとんど変わりません。

細かな違いがあるので、あとはスタンスによってどちらを導入するかです。

【まとめ】シェアフルは新しいスタイルの募集形態

シェアフルは新しい求人マッチングサービスです。

Timee同様に、最近の求職者のニーズを的確にとらえたサービスだと言えます。

単発・短期・長期とすべての雇用形態を想定しています。

また、人材サービス会社のパーソルグループが運営するサービスです。

グループに登録している150万人以上の人材が流入してくる期待もできます。

シェアフルに求人募集を掲載すること自体は無料でできます。

効果測定のつもりで一旦掲載してみてはいかがでしょうか。

まとめ
 ・シェアフルはパーソルグループが提供する求人マッチングサービス
 ・シェアフルとTimeeはよく似たサービス(細かな違いはある)
 ・単発、短期、長期すべての形態に対応できる求人サービス
 ・スタッフは日々紹介での雇用となる
 ・パーソルグループの人材がシェアフルに流れ込んで登録をすることに期待感が大きい

本日は以上です。

スポンサー広告