【解説】タウンワークとエアワークの違いについて【初心者必見】

採用について

タウンワークもエアワークもテレビでよくCMを見かけます。

この2つはどう違うのですか?

この記事の内容
 ・タウンワークってどんなメディアなの?
 ・エアワークってどんなメディアなの?
 ・どこの会社が運営しているの?
 ・タウンワークとエアワークはどこが違うの?

タウンワークもエアワークも同じリクルートが運営するメディアです。

2つのメディアの違いをときどき聞かれますので、記事にさせていただきました。

タウンワークもエアワークも求人メディアの1つです。

タウンワークについて

タウンワークについてはご存知の方は多いはずです。

引用  リクルート

タウンワークはリクルートが運営する総合求人サイトです。

月曜日に発行される求人誌、そして求人サイトとしても運営されています。

求人メディアとしての運営は非常に長く、また積極的なプロモーションを展開していることもあり、高い知名度を誇ります。

社員(正社員)よりはアルバイトや契約社員系の採用を意識した求人メディアです。

タウンワークにはいろいろなオプションプランがありますが、すべてネットを意識したオプションです。

エアワークについて

エアワークもリクルートが運営する求人サイトです。

とはいっても、一般的な求人サイトとは少し違っていて、オウンドメディアとしての色が濃いメディアです。

引用 AirWORK

イメージ的には自社の仮想ボックスがあって、そのなかに求人案件を入れていく感じです。

集客力の面で不安があるので、案件をindeedに紐づけて求人募集をされるケースが多いです。

だから、エアワークという求人サイトがあって、各社がそこに求人案件を掲載しているわけではありません。

オウンドメディア選びに迷っているようであれば、エアワークを選ぶことをおすすめします。

あまり知名度のないツールよりはぜんぜん効果が望めるはずです。

【まとめ】タウンワークとエアワークは全く別物だった

タウンワークとエアワークで違うところはたくさんありました。

違いの主なポイントを表にまとめてみました。

タウンワーク(TOWNWORK)エアワーク(AirWORK)
掲載料金無料プランはない
掲載本数が増えるほどコストがかかる
無料で掲載することが可能
掲載本数を増やしてもコストは一定
イメージタウンワークという仮想ボックスがあって
それぞれの会社が求人案件を掲載していく
自社の仮想ボックスあって
自社の求人案件を掲載していく
形式総合求人サイトオウンドメディア
求人応募できるできる
応募者管理
(会社側)
応募受付機能のみ応募者の管理が可能
集客力それなりにある無料掲載では弱い
オプションindeed連携プラン
サーチローテーションプラン
indeed連携プラン
メリット・タウンワークとしての知名度、応募の安定感
・基本的には紙面、ネットの両軸で運営
・案件の公開・非公開、修正が随時可能
・低コストで求人募集が可能
・パワーのないオウンドメディアを使うより強力
デメリット・案件の本数やプランによってコストがかかる・単独での集客力は乏しく、indeedの力が不可欠
・原稿運営は自社で行う必要があり、手間がかかる
まとめ
 ・タウンワークとエアワークの違いは大きかった
 ・タウンワークは求人サイト、エアワークはオウンドメディアだと考えればいい
 ・エアワークは無料掲載が可能だが、タウンワークはすべて有料掲載
 ・エアワークの原稿はすべて自由に修正できるが、自社で取り組むべき幅が大きく手間もかかる
 ・エアワークの採用成功にはindeedへの連携が不可欠

本日は以上です。

スポンサー広告