エンジャパンが無料提供する採用支援ツールのengageは活用するべき

オウンドメディア

engageは使った方がいいですか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・エンゲージってどんなサイトなの?
 ・エンゲージって使うべき?
 ・使うメリットはどこにあるの?

以前、運用をしていたengageというサイトがあります。

エンジャパンが運営するツールの1つですが、本日はそのengageについて記事を書かせていただきます。

engageについて

engage(エンゲージ)はエンジャパンが無料でパッケージ提供する採用支援ツールの1つです。

engageを使った取り組みは過去記事にも書かせていただきました。

エンジャパンが運営するengageというオウンドメディアについて

2021年春くらいからengageを通じた、求人情報の公開をしていません。

この時期くらいからindeedの有料広告運用をスタートしました。

特定の案件に対してお金を投下する方法の運用です。(リクオプ経由)

リクオプからindeedに掲載をされ、engageからもindeedに掲載されると、重複ペナルティを受ける可能性があるので、お金をかける方を優先しました。

そんなこともあって、engageを使った採用活動をしばらくおこなっていませんでした。

今回、indeedの運用がひと段落したので、もう一度engageを活用しようと再開することにしました。

engageからのリマインドメール

engage事務局から定期的にメールが届きます。

・月曜日には先週のPV数(訪問数)の状況をアップしましたという内容
・水曜日は掲載件数が0件だというアラートの内容
・木曜日はプレミアムプランを紹介する内容とルーティン的に送信されてきます。

メールのタイトルの「現在の求人掲載数は0件」と毎週見るのも嫌になってきたことが、僕を奮い立たせるきっかけになりました。

まずは案件を見てもらうこと

当然ですが、以前と比べて訪問数は大幅にダウンしてしまっていました。

引用 エンゲージ管理画面

ここまで落ちてしまうと、逆に効果を出すことはかんたんにできそうです。

目標設定を「週間アクセス100件、応募獲得1件」に設定します。

過去に掲載していた求人情報は残っていますので、ある程度の手間は省くことができます。

引用 エンゲージ管理画面

案件の内容確認して公開にするだけですので時間はかかりません。

内容に間違いがないかどうかだけは十分注意する必要があります。

PV数(訪問数)やCV数(応募獲得数)の推移などは別の記事で追跡調査していきます。

【まとめ】engageは無料活用できるツール

engageは求人メディアの大手会社エンジャパンが提供する採用支援ツールです。

ATS(採用管理システム)としての機能も充実していますし、アグリゲーションサイトとの連動も十分です。

また、Facebookからの流入が比較的多いというメリットもあります。

まずは掲載する求人件数を増やしていき、母集団形成に努めましょう。

一通りメドが立ったところで、次は原稿内容の改善を行い、indeedや求人ボックスとの連携の中で応募獲得につなげましょう。

ATS機能があるので、ほかに使っていないのであればメインツールとして使うことも検討の余地があります。

まとめ
 ・engageの基本運用は無料で行える
 ・engageはエンジャパンが提供するツール
 ・多くの案件を掲載して、まずは見てもらうところから運用スタートするべき
 ・engageはFacebookからの応募流入も多い
 ・応募獲得のツールとして活用すべきengage

本日は以上です。

スポンサー広告