地元で正社員志向の強い人にぴったりのはたらいくを活用していますか

転職希望の方向け

リクルートが運営する求人メディアの中で、テレビコマーシャルでよく見かけるのは「タウンワーク」であることは間違いありません。新卒就活がスタートして賑わってくる時期になると「リクナビ」もよく見かけます。タウンワークほどテレビでは大々的なプロモーションはされていませんが、本日は「はたらいく」というサイトについての記事になります。

はたらいくの特徴について

はたらいくのサイト特徴については、過去記事に書かせて頂きましたのでお時間のある方はお読みください。

サイトのターゲットは地元で正社員として働きたい層です。

ご自身がそこに合致する場合、そういった層として働きたいという場合には登録してみるのも一手です。

求人サイトは登録だけしておくのも1つの方法

僕は仕事柄、双方の立場での使い勝手をみるために求職登録をしています。

今でも定期的に求人案件を閲覧することがあります。

プロフィール欄は好き勝手に書いており、こんなプロフィールでもどれくらいの採用担当者の方から評価頂けるのかなという点で自分自身を測って見たくて利用を続けています。

はたらいくは会社や仕事の良いところも悪いところも理解してもらって、それでもその会社で働きたいと言ってもらえる人を採用したいというスタンスです。

それを勝手にこちら側(求職者側)にも当てはめてみました。

特に、はたらいくは企業からのアピールが結構積極的です。

地元で働きたいと考えている層に対して、積極的なアピールをすることで応募促進への働きかけをしています。それが「らいく」送信です。

実際の僕自身のプロフィール画面です

今からアップするのは実際の僕自身のプロフィール画面です。

基本プロフィール

公開した時はなんとも思いませんでしたが、改めて見返すと資格欄は無駄があります。

グレードの高い方を書くべきなのに両方書いてしまっています。

職務経歴

一般的な職務経歴書よりもだいぶ簡単に書いています。

2016年11月からアップデートしていないようで、今ならもっとうまく書くことができますね。

自己紹介

はたらいく一番のポイントは人柄重視の採用成功だと言えます。

会社は自社で仕事をしてもらうにあたって、いいことだけを伝えようとしません。だから、「せきらら」求人というオプションがあります。

一方で働く側は、自分自身の人柄をよく理解してもらったうえで仕事をしたいと考えています。

そういった考え方が顕著に表れているのが自己紹介のスペースです。

自己紹介スペースは4つあり、自分で項目が選べるようになっています。

登録したマイページでは、企業からもらった「らいく!」の通算数が分かります。履歴書や職務経歴書ほど重要な指標ではありませんが、面接時の自己PRを意識したブラッシュアップにつなげることも可能です。

企業からの「らいく!」は必ずチェック

企業からの「らいく!」送信は常に気にかけておきたいものです。

1社がそれぞれの項目に対して、らいく送信ができるため、複数のらいくをもらうことは多々あります。

募集案件や会社のことを見て欲しくて、「らいく!」を機械的に一律送信することは実務的に多々あります。

  • メッセージが添付されておらず、らいく!だけが届くケース
  • 添付されたメッセージがどの項目も同じでコピペのように感じる

過信はいけませんが、ある程度は目を通してどんな企業があるのかを見る指標にしても良いです。

少し見比べてみましょう。

らいく送信事例①

こちらは実は同じ会社です。

掲載企業は案件ごとに登録者に対してらいく送信が出来るので、同じ会社名で同じ項目に対してらいく送信ができるのです。

4つ項目がある中で、一番上位に出てくる項目に対してらいく送信のみなので、おそらく機械的な対応だと思われます。

らいく送信事例②

自分のマイブームを見て、そこにピンポイントでらいくを送信しているので、応募者の情報をよく見てコンタクトをとっている会社だと言えます。

車好きな人が、好きなことを仕事にしてほしいという会社側の思いもあるはずです。

【まとめ】地元&正社員志向があるなら登録はしておくべき

地元で正社員として働きたいのであれば、まずは登録だけでもしておくことをオススメします。

複数の求人サイトとの併用が望ましいです。

また企業からのコンタクトがあった場合は、向こうは採用意欲があるということなので、まずは案件を見て、会社のことも見て、良いなと思える企業であれば積極的に応募を検討した方がいいです。

本日のまとめ

タウンワークよりもより正社員志向の強いメディアとして活用ができるのがはたらいくです。企業からのコンタクトに対しては積極的にアプローチをかけていくといいです。特に企業からもらう「らいく」は自分の考え方やバックボーンがどれだけ評価されているのかという指標にもなります。ブラッシュアップをしていきましょう。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com