新卒や中途採用イベントの集客や告知方法ってなにがベストなのか

オウンドメディア

新卒採用にしても、中途採用にしても、会社で説明会などを行うときに求職者への告知手法に迷う担当者の人も多いのではないでしょうか。それは僕も同じです。頭の中では分かっていても、コストだとか開催までの期間だとかによっても手法が変わるものです。集客に成功するために、どんな方法があるのか少し考えてみました。参考程度にお読みいただければと思います。

採用に関するイベントって何があるのか

採用のイベントは大きく2つあると考えていいです。2つとは、会社説明会と面接です。

ある会社だったり、官庁が主催者となって開催される合同企業説明会は運営者側で十分な告知がなされます。集客力をイベント開催のウリにしているケースも多く、よほどマイナーな運営者やイベント会場でない限り、来場者の母集団形成に困ることはないと思います。

ということで、今回は自社だけで行うイベントに関しての記事になります。

基本的には会社説明会を経て、面接という運びになりますので、採用成功へのポイントは「会社説明会への集客力」ということになってきます。

来場者への告知・集客方法とメリット・デメリット

集客の方法にはどういった方法があるのか、メリット・デメリットは何があるのかを考えてみました。

オウンドメディアを使った告知

オウンドメディアと言っても色々なものがあります。

基本的には会社ホームページ採用に特化したホームページが一番スタンダードな方法だと思います。僕自身も告知のためによく使うツールの1つです。

メリット・デメリットを比較して見てみます。

  • コスト面を気にしなくていい(情報の公開・変更・停止はすべてコストフリー)
  • 素早い情報公開ができる(公開・変更・停止がいつでもできる)
  • 自社サイトを見てくれるということは、すでに自社のファンである可能性が高く、イベント集客に繋がる可能性が高い
  • ある程度の閲覧数や影響力のあるサイトでないと、一定の集客が見込めない
  • サイトに関する知識がない人による運営だと、うまく活用しきれない
  • オウンド力を上げようと思うと、時間だけでなく、SEO対策含めて金銭面の負担が生じる
created by Rinker
¥580 (2021/10/22 07:52:54時点 Amazon調べ-詳細)

求人メディアを使った告知

求人サイトを始めとするインターネットメディア、フリーペーパーや求人誌などの紙メディア、たくさんのメディアが運営・発行されています。

閲覧数が多いので、それだけ集客力があるということになります。これは採用担当者が1番多く使う手法です。

メリット・デメリットを比較して見てみます。

  • メジャーなメディアを使うことで、多くの集客が見込める
  • 求人広告の中に情報を入れるだけなので、採用担当者の労力はかからない
  • 情報を掲示するだけで、ある程度のコストがかかってしまう
  • 1度情報を掲示してしまうと、修正が出来ないケースが多い
  • 求人情報がメインとなるので、告知はあくまでもサブ。目立たないケースが多い。

SNSツールを使った告知

ここ数年はずっと主流になると聞き続けていますが、まだまだ1番の手法とは言えないレベルです。

会社が運用するケースとして多いものは、Facebook、instagram、twitter、LINEなどです。若年層を始めとして、登録しているユーザーが多いことから影響力も相当ありますが、なかなか企業のものをフォローしているケースは少ないです。

メリットデメリットを比較して見てみます。

  • 求人メディアよりも利用者数自体は多く、大きな影響力が期待できる
  • 気軽に情報収集できるツールとして親しまれている
  • 会社の公式アカウントをフォローする人はあまり多くない(企業の知名度も重要な要素)
  • 閲覧するのは基本的に友人や芸能人のアカウントのみというケースの方が多い
  • 登録をするだけで、閲覧自体は流し読み的な人も多い
  • SNSには炎上が付き物なので、会社として運営方針や対策方法を事前に決めておかなければならない
  • イベント告知だけでなく、総合的な情報発信をしていかないと魅力的に映らない
  • 運用に大きな労力を要する

リスティング広告やクリック広告を使った告知

合同での会社説明会イベントなどの告知で利用されているのをときどき見かけます。

1社だけのイベントを告知するには少し経費がかさみますし、集客したいターゲット層のきちんとした選定など事前の準備が必要になります。

専門的な内容を含みますので、自社だけで運用ができないのが難点です。

クチコミを使った告知

社員のクチコミとして情報を拡散してもらう手法です。

母数などを加味すると1番効率が悪く、現実的ではありません。即効性という面では大きくマイナスです。

【まとめ】告知がオウンドメディアで出来るほどオウンド力を養うべき

現時点でのオウンドメディアの影響力の問題もありますが、今後、採用手法が変わっていくことを考えると、やはり『オウンドメディアを使った告知』をベースに考えていくべきです。

でも、オウンドメディアが育っていない会社が情報を公開したところで集客は望めません。

indeedや求人ボックスなどのアグリゲート型求人サイトへの連携、検索エンジンにおけるSEO対策、コラム記事などの導入による集客アップなどをする必要があります。また、求人メディアなどにドメインを載せることで、リファラル流入も積極的に行うべきです。何事も相乗効果を活用すべきですね。

本日のまとめ

イベント集客のための手法って、いろいろあるものです。それぞれ、メリットもデメリットもありますので、上手く付き合いつつ活用しなければなりません。当面の間は、いろいろ併用しての運用がベストかと思います。でも、長期的にはオウンドメディアだけで運用できるのが理想だと思います。そのために、今からオウンド力を付けて行きましょう。求人サイトへの掲載でも同じことが言えますが、将来的にはオウンドメディアが鍵を握っています。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告