面接を受けて感じた印象がクチコミよりも信憑性のある会社の評価

転職希望の方向け

転職しようと思っている会社の評判が気になります。

アドバイスさせていただきます。

転職活動を進めるうえで、不安に感じることの1つに新しい会社の職場環境があります。

慣れ親しんだ会社から離れて新しい環境でスタートすることについての不安は大きいものです。

会社は入社してみないと分からないと言われます。

たしかにその通りですが、事前に調べる方法はいくつかあります。

この記事の内容
 ・会社の評価を調べる方法はある?
 ・クチコミサイトは信じていいものなの?
 ・悪いクチコミしか出て来ないけど?

転職するときに不安に感じること

転職を希望する理由は人それぞれです。

一般的によく言われることを挙げてみました。

よくある転職理由
・給与面での不満がある(給与水準が低い)
・休日をしっかり取りたい(希望通りに休むことができない、休日が少ない)
・残業が多すぎる(家族との時間を大切にしたい、自分の余暇に充てたい)
・人間関係が悪い(上司と合わない、周囲とのストレスを感じる)
・通勤に時間がかかり過ぎる(生産性が悪い、時間がもったいない)
・仕事内容が合わない(向いていないと感じる、他の仕事がしたい)
・自分で事業を始めたい
・新しいことにチャレンジしたい

転職先がいまの仕事よりも全ての面で上回っていることはなかなかありません。

内定をもらったとしても不安に感じることはたくさん出てきます。

  • 今の待遇は改善されるの?
  • 働きやすい環境なの?
  • 仕事で周囲についていけるの?

不安は大きいですが、それは新卒採用も中途採用も変わりません。

新卒採用における不安と、中途採用における不安って質が全然違います。
家庭を持たれている人や、ミドル層以上になると、その傾向が強いです。「より」失敗が出来ないというプレッシャーも大きくなります。

いちばんの正論『入社しなければ分からない』

会社は入社しなければ分からない、社外の人には想像がつかないというのは一番の正論です。

正論ですが、そればかり気にしていたら転職活動はできません。だから事前にリサーチするのです。

  1. 勤めている人に直接聞く
  2. クチコミサイトを見る
  3. 求人サイト・求人情報を何度も見る
  4. 面接を受けてみる

①勤めている人に直接聞く

一番理想的な方法ですが、そういった繋がりはなかなかありません。

知っている人から間接的に聞く場合は注意するべきです
話がおおげさになったり、聞く人の推測が入ったりしやすく、信憑性が低くなります。

②クチコミサイトを見る

クチコミサイトの閲覧は、一番多く利用されている方法です。

転職活動していても、そうでなくても使うことがあります。

理由は一番手軽にできる方法だから。

en Lighthouse(エン ライトハウス) 旧:カイシャの評判

エンライトハウス
引用 エンライトハウス

エンジャパンが運営するサイトです。以前は「カイシャの評判」というサイト名でした。

openwork 旧:Vorkers

openwork
引用 openwork

以前は「vorkers」というサイト名でした。

ログインせずにフリーで閲覧できる箇所は若干限定されています。

Google マップ

Googleマップに限らず、ネット検索をすると5点満点のクチコミ評価が見れるサイトが増えました。

これらも十分利用できます。

内部の人だけに留まらず、社外の人からの評価も含まれています。

クチコミサイトは、悪い内容が先行することが圧倒的に多いので、100%過信は控えましょう

③求人サイト・求人情報を何度も見る

採用に携わっている人は、少し違った目線で求人募集を見ます。

同じ募集を継続的に見る場合は、採用が難しい、スタッフの定着が悪いと見ます。

同じ勤務地で、いろいろな職種や条件で募集している場合は、慢性的な人手不足と見ます。

また「釣り」的なもので、ひょっとしたら希望職種に就けないかもしれないという目でも見ます。

求人募集には背景がありますが、人手が足らないから募集をしています。

募集を継続的に見ていくだけでも、会社のことをそれなりに知ることができます。

④面接を受けてみる

会社のことを知る一番の近道は、面接を受けることだったりします。

面接だけでなく、会社説明会なども含めた選考フロー全体を受けてみると、見えてくるものがあります。

特に注意すべきケース

  • 面接官の上下関係が露骨、上司から部下への言葉遣い・態度が良くない
  • 面接官の全員の年齢があからさまに若い
  • 面接の方法が、圧迫面接に感じる
  • 人事担当者が上から目線に感じる
  • 面接時に聞いてはいけないことも平然と聞いてくる
  • 「本当に大丈夫か?本当に出来るか?」と、しつこく聞かれる
  • 厳しいことだけ言ってプレッシャーをかけてくる
  • いろいろな連絡が遅い
  • 時間など決められたことが守られない傾向にある
  • 応募した当日・翌日にいきなり面接が実施される
  • 面接を受けて、その場で採否をもらえる
  • 面接日時が当日に何度も変更される

選考を受けることで会社の内部が分かる理由

会社はとても面白いもので、上級管理職になればなるほど、会社の様子を鏡のように映します。

教育されていたり、長いことその環境に身を置いているから、沁みついてしまいます。

面接の様子

  • 面接官の上下関係・言葉遣い
  • 面接官が全員若手
  • 圧迫面接
  • 担当者が上から目線

上下関係の厳しさ、体育会系のノリ、会社の社風・文化をそのまま映す管理職が多いです。

どちらがいい・悪いはありませんが、自分が理解できないときは要注意です。

面接官の振る舞い

  • 面接時に聞いてはいけないことも聞いてくる
  • 何度も念を押してくる
  • とにかくプレッシャーをかけてくる

採用をする側も人選に失敗したくないという思いを強く持っています。

採用までに労力がかかったり、採用後すぐ退職されては意味がないので慎重になりがちです。

連絡のやり取り

  • いろいろな場面で連絡が遅い
  • 時間など一度決めたものが簡単に変わる
  • 応募した翌日に面接実施
  • 面接した当日に採否連絡がある
  • 面接日に日程変更の依頼が繰り返される

直接関係がないように思えますが、ルーズな会社だとすぐに分かります。

担当者がルーズだと、会社の中もだいたいルーズです。

激しいトップダウンだとか、応募者を軽視している場合もなんとなく想像が付くものです。

【まとめ】情報は客観的に多角的に収集するべき

採用選考を受けると、社内の雰囲気を理解しやすいです。

働くのは自分ですので、自分に合わない雰囲気と感じてしまったら、長く働くことは難しいです。

1つの情報だけに流されずに多角的な情報収集をするべきです。

また、情報が良いとか悪いではなく、職場が自分の考え方や性格に合っているかの判断に使った方がいいです。

まとめ
 ・会社のことを簡単に調べる方法はクチコミサイト
 ・クチコミサイトで多く使われているのはen Lighthouse、openwork、Googleなど
 ・入社しないと会社のことが分からないというのは一番正論
 ・面接を受けるだけでもよく分かることがある
 ・情報を全部鵜呑みにするのは良くない

本日は以上です。

スポンサー広告