転職活動で入社前に会社のことを知る有効な方法は面接を受けることだけ

転職希望の方向け

転職活動をすすめていく上で、一番不安に感じることは「転職活動がうまくいったとしても新しい会社の職場環境や仕事内容が自分自身に合うかどうか、馴染むことができるかどうか」という点だと思います。会社は入ってみないと分からないと言われますが、確かにその通りです。とくにその会社に知人がいない場合に、どうしたらその会社のことを知ることができるのでしょうか?事前に知る方法は何かないものでしょうか?参考程度にお読みいただければと思います。

転職活動をする上で一番不安に感じてしまうこと

転職を希望する理由はさまざまです。みなさん、いろいろな思いや理由があって転職活動をしていることと思います。積極的な理由、そうでない理由はありますが、こういった感じの方が多いのではないでしょうか。

  • 給与面での不満がある(給与水準が低いと感じている)
  • 休日がしっかり取りたい(なかなか休めない、希望日に休めない)
  • 残業が多すぎる(余暇に充てたい、家族との時間を大切にしたい)
  • 人間関係が悪い(ギクシャクしていてストレスに感じている)
  • 通勤に時間がかかり過ぎる(時間がもったいない)
  • 仕事内容が合わない(向いていないと感じる、他の仕事がしたい)
  • 自分自身で事業を始めたい

こういったことはごく一部なので、本当に人それぞれです。

転職先が現職よりも全ての面で上回っているなんてことは現実的にありません。転職を希望して、内定をもらったとしても不安に感じることって多々あるはずです。

  • 「本当に今の処遇面よりも良いといえるのだろうか?」
  • 「本当に働きやすい環境だといえるのだろうか?」
  • 「周囲の人に仕事面でついていくことができるのだろうか?」

そういったことに対する不安って大きいと思います。とは言っても、中途採用に限らず、新卒入社の時でも同じでしたよね。でも、新卒採用における不安と、中途採用における不安って質が全然違うものです。中途は「より」失敗が出来ないというプレッシャーも少なからずありますよね。

とくに家庭を持たれている人や、若年層ではない方にとってはその傾向が強いです。

転職会議

『入社しなければ分からないこと』というのは確かに正論

よく環境や人間関係は入社しなければ分からない、社外の人間には想像がつかないと言われます。

転職するということは、ある意味「冒険」なのでしょうか?飛び込んでみるしかないのでしょうか?

確かに正論ですが、そんなことばかり気にしていたら転職活動なんて成功しません。だからこそ、事前にリサーチをするのです。

  1. 勤めている知人にいろいろなことを聞く。
  2. クチコミサイトを閲覧する。
  3. 求人サイト・求人情報を繰り返し見る。
  4. 面接を受けてみる。

①勤めている知人にいろんなことを聞く

これが出来れば一番理想です。

そこで働く人の声というのは会社そのものを知るベストな方法です。でも、地元の会社以外は勤めている知人はなかなかいないものです。また、企業規模が大きくなればなるほど、そういった知人はいないものです。

1つ気を付けるべきことは、知人の知人から又聞きで聞く場合です。

伝聞は非常に危険です。話が大袈裟になったり、聞く人の推測が入ったりしやすいからです。トータルでの信憑性が低くなってしまうのです。

②クチコミサイトを閲覧する

クチコミサイトの閲覧は、間違いなく一番多く利用されている方法です。転職活動の際は、僕自身も定期的に使っていました。また、転職活動をしていなくても使うことがあります。

信頼性は別として、一番手軽にできる方法だからです。

名前を聞く頻度の高いサイトだったり、僕自身も自社のこと、お客さんの会社のことを知るために使っているサイトを実際に出しておきます。

en Lighthouse(エン ライトハウス) 旧サイト名:カイシャの評判

求人メディア大手のエンジャパンが運営するサイトです。もともとは「カイシャの評判」というサイト名でした。会員登録しなくても、広範囲に渡って閲覧ができて、使い勝手は良いです。僕自身も自社のことを調べたり、他の会社のことを調べる時に一番多く利用させてもらっています。

openwork 旧サイト名:Vorkers

openwork
出典 openwork

もともとは「vorkers」というサイト名でした。エンのサイトに比べると、ログインせずにフリーで閲覧できる箇所は若干制約があります。

Google マップ

Googleマップだけに限らず、検索エンジンやindeedなどで検索をすると5点満点中のクチコミ評価が出てくるサイトが増えてきました。

そういったこともクチコミとして利用できます。ただし、内部の人間だけに留まらず、社外の人やお客さんからの評価も含まれていますので、少し注意が必要です。

クチコミサイトにも大きな落とし穴があります。

それは、基本的に悪いことしか書かれないこと。あんまり良いことって見ないケースの方が多いです。だからこそ、100%過信するのは避けるべきです。

③求人サイト・求人情報を繰り返し見る

僕のように採用に携わっている人だと、少し違った目で求人募集を見ていることって多いのではないでしょうか。ある意味、職業病みたいなものです。

同じ募集が継続的に出されているのであれば、採用が難しいのかなとか、スタッフの定着が宜しくないのだろうなという目で見てしまいます。同じ勤務地で、いろいろな職種や条件で募集しているのであれば、慢性的な人手不足なのだろうかという目で見てしまいます。また、一部の案件は「釣り」的なもので、ひょっとしたら転職しても希望の職種に付けないかもしれないという目でも見てしまいます。

求人募集には背景がありますが、根底として変わらないことは人手が足らないから募集をするということです。募集を継続的に見ていくだけでも、それなりにですが会社のことを知ることができるものです。

④面接を受けてみる

ふつうは会社への志望度が高いから面接を受けようと思うはずです。会社のことを知る一番の近道は、面接を受けることだと思います。面接だけではなく、会社の概要説明なども含めた選考フロー全体を受けてみると、会社のことって案外よく分かるものです。

特にこんなケースは注意すべきです。

  1. 面接官の上下関係が露骨に分かる、上司から部下への言葉遣い・態度が威圧的、悪い
  2. 面接官の全員の年齢があからさまに若い
  3. 面接の方法が、圧迫面接だと強く感じる
  4. 人事担当者が上から目線だと強く感じる
  5. 本来、面接時に聞いてはいけないことを平然と聞いてくる
  6. 「本当に大丈夫か?本当に出来るか?」と、くどいくらいに聞かれる
  7. 厳しいことばかり言ってプレッシャーをかけてくる
  8. いろいろな場面で連絡が遅い傾向にある
  9. 時間など決められたことが守られない傾向にある
  10. 応募した当日・翌日に面接が実施される
  11. 面接を受けて、その場で採否をもらえる
  12. 面接日時がその当日に何度も変更される

なぜ選考フローを受けることで会社の内部が分かるきっかけになるのか

会社というものはとても面白いもので、管理職は上級になればなるほど、会社の様子を鏡のように映すものです。日頃、そのように教育されていたり、長いことその環境に身を置いているからこそ、沁みついているのです。

さきほどの①~⑫で考えてみます。

面接自体で分かる社内の様子

  1. 面接官の上下関係・言葉遣い
  2. 面接官が全員若手
  3. 圧迫面接
  4. 担当者が上から目線

上下関係の厳しさだったり、体育会系的なノリであったり、会社の社風・文化をそのまま映す管理職が多いです。どちらがいいとか、悪いとかではなく、自分自身の性格や考え方に合うかどうかが大切なのです。

面接官の振る舞いで分かる社内の様子

  1. 面接時に聞いてはいけないことも聞いてくる
  2. 何度も念を押してくる
  3. とにかくプレッシャーをかけてくる

採用をする側としても人選に失敗したくないという思いを強く持っています。採用までに労力もかかりますし、採用後にすぐ退職されては、「人を見る目がない」などといった叱責を受けたり、自分たちのメンツみたいなものにも傷が付いてしまうからです。

社内の職場環境が厳しいものだったり、与えられるノルマが厳しくて、ミスマッチによる退職への懸念があるので、結果として必然的に厳しいことを言ってなんども意思確認することに繋がってしまうのです。

連絡のやり取りでも分かる社内の様子

  1. いろいろな場面で連絡が遅い
  2. 時間など一度決めたものが簡単に変わる
  3. 応募した翌日に面接実施
  4. 面接した当日に採否連絡がある
  5. 面接日に日程変更の依頼が繰り返される

直接関係がないように思えますが、ルーズな会社だということがすぐに分かります。

担当者がルーズであれば、だいたい会社の中もルーズというケースが多いです。激しいトップダウンだとか、応募者を軽視している場合もなんとなく想像が付くものです。

【まとめ】面接を受けた人も情報は多角的に収集するべき

採用選考を受けた人が一番社内の雰囲気を理解しやすいはずです。

働くのは自分自身なので、自分に合わない雰囲気と感じたのであれば、長くその場にいることは難しいと言えるでしょう。

1つの情報だけに流されずに多角的な情報収集をするべきです。また、得た情報が良いとか悪いとかではなく、情報はあくまでも職場環境が自分自身の考え方だとか性格に合っているかということを見るためだけに使った方がいいでしょう。

本日のまとめ

情報収集って本当に難しいです。方法はそれなりにあるのですが、得た情報が正しいか、間違っているかが客観的には分からないからです。的を得た情報もあるのですが、冷静に判断する必要があります。間違った情報に踊らされることも結構あります。自分の会社のクチコミサイトを見ていても、「?」が付くことはあります。多角的に情報収集をしてください。相手の会社を知る一番の方法は、やはり面接試験を実際に受けてみること、その次の方法はクチコミサイトを使うことです。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com