タウンワークの掲載プランの1つWEB得プラン【枠得プランと比較】

求人メディア

タウンワークのWEB得プランってどういったものなんですか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・WEB得ってどんなプランなの?
 ・WEB得と枠得の違いはどこにあるの?
 ・掲載にはいくらかかるの?
 ・メリットはあるの?
 ・デメリットはあるの?

リクルートメディアを紹介する冊子「リクルートの求人メディア」があります。

以前は、「メディアガイド」という名前で親しまれていました。

主要なメディアや、掲載プランが紹介されています。

そのなかに、名称だけ書いてあって詳細が何も書かれていないものもあります。

本日はそのひとつの「WEB得(V割)」というプランについて僕が知っていることをお伝えします。

【前提】タウンワーク枠得プラン

タウンワークの掲載プランの中に枠得プランがあります。

詳細については過去記事をお読みください。

タウンワークの掲載プランの1つである枠得プランについて【解説】

タウンワーク枠得アドバンスとノーマルどちらを使うべきか【比較】

掲載順位はタウンワークネットのなかで最下位のプランです。

かんたんに表記すると、

  1. 本誌に掲載した案件の転載原稿:写真あり
  2. タウンワーク枠得プラン(アドバンス):写真なし
  3. タウンワーク枠得プラン(ノーマル):写真なし

タウンワークネットには、この順番で掲載されています。

WEB得V割について

掲載プランの1つに「WEB得V割」というものがあります。

引用 リクルートの求人メディア

紹介冊子の中に詳細は書かれていませんが、

基本的にはタウンワーク枠得プランと同じだという認識で大丈夫です。

ちなみにWEB得V割の「V割」は「ボリューム割」を意味します。

WEB得V割と枠得の違い

原稿本文の項目や文字数などはWEBと枠得はまったく同じです。

写真も掲載できません。

違いは表示順位と掲載金額です

原稿の表示順位を、もう一度並べてみます。

  1. 本誌からの転載原稿
  2. WEB得V割(アドバンス)
  3. WEB得V割
  4. タウンワーク枠得(アドバンス)
  5. タウンワーク枠得

このように枠得プランよりも上位に掲載されます。

掲載金額については、公開されていませんが、いくつかポイントをお伝えします。

WEB得の金額設定のポイント
・WEB得が使用できるかはリクルート本部の承認が必要となる
・同業他社で使用している掲載金額と応募数の提出が求められる
・最初はお試しプランということで無料期間がある(有料への移行が前提条件)
・他社に払っている広告費、応募単価などをベースに掲載金額が決定される

【まとめ】WEB得が使用できる状況なら使うべきオススメプランの1つ

案件を多く抱えている会社であれば、WEB得プランは使った方がいいです。

使用までの条件はいくつかありますので、希望する企業がすべてWEB得が使えるわけでもありません。

  • タウンワーク本誌のように一発型の応募効果を発揮するメディア
  • WEB得・枠得のように幅広く、長く効果を発揮するメディア

やはり、この2つのタイプのメディアを両立する必要があります。

その中での表示順位が最上位のWEB得アドバンスはとくに貴重な存在です。

使える状況にあれば、使うべき掲載プランの1つです。

まとめ
 ・WEB得はタウンワーク枠得プランと同じタイプのメディア
 ・原稿の構成はWEB得も枠得も全く同じ(写真の掲載は不可)
 ・違いは表示順位と掲載金額
 ・WEB得の方が枠得よりも表示順位は上位
 ・WEB得の中にも枠得同様にアドバンスプランの設定がある
 ・リクルート本部の承認がないとWEB得の使用はできない(限定された会社のみ)

本日は以上です。

スポンサー広告