求人サイトの大原則と言われる1原稿1職種が推奨される理由みたいなもの

採用について

求人原稿というよりは、とくに求人サイトに出稿するときに、基本は「1原稿1職種が理想です」と言われることが多くあります。言葉を聞くだけでも、ある程度は想像が付くかもしれません。聞いたことがない人もいらっしゃるかもしれませんので、少し書かせて頂きました。求人サイトに関しては、特に「1原稿1職種」が強く推奨されています。正確に言えば、1原稿1勤務地1職種が1番の理想とされていますが、今回は1勤務地については考えないことにします。なぜ推奨されるのか、理由を考えてみました。参考程度にお読みいただければと思います。

1原稿1職種ってなんのことなのか

難しく考える必要は全くなくて、実はそのまま文字通りなんです。

求人サイトにしても、求人誌にしても1つのスペース(原稿)に1つの職種のみを記載することを「1原稿1職種」と言います。

実際に求人サイトを何件かチェックして、原稿を見てみます。

サイトを回遊していて見つけた案件事例①

マイナビバイトを回遊していて見つけました。

この原稿は仕事内容が複数に分かれているので、1原稿7職種だと言えます。7つの職種は内容が違います。大枠で言えば、「仕分け」といった物流業の仕事のようですが、扱うものがバラバラですね。

  1. Tシャツ
  2. メール便
  3. お菓子・コスメ
  4. アパレル
  5. ドリンク・スイーツ
  6. 日用雑貨
  7. リネン

よく見ると、ページ下部にも案件が掲載されていました。

先ほどのものと合わせて、7+6=13ですので、実際のところは1原稿13職種だと言えます。

サイトを回遊していて見つけた案件事例②

次は、タウンワークネットを回遊していて見つけた原稿です。

時間は4パターンに分かれていますが、仕事内容自体は1つしかないので1原稿1職種だと言えます。

このタイプがインターネットにおける求人原稿としては一番理想だと言われている形ですね。

サイトを回遊していて見つけた案件事例③

次は、インディードで見つけた原稿です。

indeed
出典 indeed(クローリング元:とらばーゆ)

職種名からすぐ分かりますが、1原稿2職種になります。詳細クリックしていませんが、比較的シンプルに書かれています。許容範囲内ですが、大原則からは少しズレていますね。

なぜ1原稿1職種が推奨されるのか

求人サイトに掲載をするにあたって、1原稿1職種が推奨される理由ってなにがあるのでしょうか。理由を考えてみます。

推奨される理由

メディアの営業担当者が言う理由はたった1つです。

応募者が原稿の内容を理解しやすいように、応募者目線で

実は、たったそれだけなのです。

最近はどのメディアも「応募者目線」を打ち出しており、こういった考え方がトレンドになっています。

特に正社員系のメディアになると細かい掲載規定をもつメディアもあり、複数の職種の同時掲載ができないケースもあります。もちろん、裏技みたいなものはありますが、基本的にはNGとされています。

自分が求職者の立場で見てみると分かりますが、1原稿に複数職種が掲載されている案件って非常に見づらいです。何が何だかすぐには理解できないのです。

最悪なのは、職種も違えば、給与も違う、勤務時間も違うといったケースです。

全ての面において混同が起きやすくなってしまい、待遇面での問い合わせが増えたり、勘違いやミスマッチなども生じます。問い合わせに対応する手間までかかってしまいます。

いろいろな求人原稿を1まとめにできるので、確かに経費は大幅に削減できますが、それ以上に弊害が増えてしまうので、「1原稿1職種」が結果的には薦められるのです。

よく似た事例「同時募集」

1原稿2職種に近いですが、「同時募集」と呼ばれる原稿があります。ページ下部にかんたんに別の案件を載せる同時募集の案件は、まず気づかれることが少ないです。下までスクロールするケースが少なく、スクロールしたとしても流し読みをする人の方が多く、募集をしているということに気が付かないからです。

マイナビ転職

実際の募集画面ですが、同時募集ということで掲載したのは赤枠で囲んだ、ほんの一部分です。

他部門の意向を反映した形で掲載で、僕自身が関わった原稿なので言えることですが、この程度ではよほどのことがない限り、応募獲得は難しいのが現状です。これであれば書かない方が良かったりします。

【まとめ】1原稿1職種は理にかなっているので徹底すべきルールと言える

1原稿1職種は是非、求人原稿には取り入れるべき基本ルールです。

  • 応募者目線で分かりやすい原稿構成に努める。
  • 複数職種の掲載をした案件は見づらく、間違った解釈が生まれやすい
  • 応募者は基本的にメインの職種でしか検索しない、閲覧しないのでサブの職種は応募獲得が困難
  • 同時募集という概念があるが、同時募集はもっと応募獲得は難しい
  • 1原稿1職種をモットーに求人メディア運営をしている会社が増えてきた

また別の観点からになりますが、採用のPDCAサイクルを回す上で、1原稿に複数の案件が掲載されていると、とても分析しにくくなってしまいます。いい成果でも悪い成果でも、どの職種に対しての成果なのかが分からないからです。

そういった点が会社側にとっては1原稿1職種で掲載することが薦められる大きな理由です。

本日のまとめ

複数の案件をまとめて掲載することで、たしかに経費面でのメリットは大きいです。しかし、それ以上に弊害も起こります。一番の弊害は、応募獲得に繋がりにくくなってしまうということ。安く済ませたくても、手間をかけたくなくても、やっぱり弊害のほうが大きいので、1原稿1職種の原稿作成に努めた方が採用成功への近道になったりします。原稿の本数自体は増えてしまいますが、そこには十分な手間をかけていくべきです。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com