変化を加えず同じ求人原稿を使って戦うのはどう考えても1ヶ月が上限

紹介

よく会社経営の面などでも言われることがありますが、新規開拓の営業を全然しなかったり、事業内容をまったく変えないと売り上げは低迷すると言われますよね。実は採用のステージにおいても同じことが言えます。自分自身の成長も同じですね。なんにも変化がなく、ぼーっと過ごしているだけでは成長できない、そんなことも言われますよね。全く同じ手法で行ったという訳ではありませんが、少し検証したことがあるので、この記事で書かせて頂きます。参考程度にお読みいただければと思います。

同じ求人メディアを数ケ月使い続けることはダメなのか

求人メディアの選定という面で難しいことが1つあります。

それは変化をつけることです。つけることのできる変化と言っても、掲載プランを変えたり、掲載するメディアを変えたり、といったことがメインになります。なかなか募集条件を変えたりすることはできませんからね。

常に大きな変化を加えて行こうと思うと、メディアをコロコロと変えることになってしまい、逆に好ましくないこともたくさん出てきてしまいます。ちょっとした変化くらいが一番いいのかもしれません。

変化=掲載メディアの変更」ということになりがちなのです。

同じ手法で掲載し続けることは、決して悪いことだとは思いません。有名な求人メディアってやっぱりアンパイ的な存在ですからね。頼り続けたくなるのも十分理解できます。でも現実的には、やはり効果が出にくくなるものなのです。その前提だけは忘れてはいけません。

検証したら実際にこんな結果が出ました

今回検証を行った案件は岐阜県内での製造案件です。

時給だとか、その他条件なんかは都合上、非公開とさせて頂きました。

下に書いた表は、実際に応募のあった数です。タウンワークに同じように掲載した結果になります。

オプションでタウンワークネットにも掲載されています。全く同じプランでの掲載はしていませんし、キャッチコピーや原稿の内容も少し変えてありますので、正確性に欠ける部分もあると思いますが、それでも同じメディアで掲載することの弊害は伝わるのではないかと思います。

コストが変動しているのは、長期掲載のプランで割引価格が適用されているからです。分かりやすくするために、広告費は千の位で、応募コストは百の位で四捨五入してあります。

掲載日広告費応募数応募コスト(円/人)
7月20日18万30件6,000円/人
7月27日18万31件6,000円/人
8月3日11万20件6,000円/人
8月17日11万11件11,000円/人
8月24日11万12件9,000円/人
8月31日18万13件14,000円/人
9月7日11万6件18,000円/人
9月14日11万4件28,000円/人
9月21日11万5件22,000円/人
9月28日16万2件80,000円/人
2020.10.1に抽出したデータ

客観的な目線で分析してみました

結果から何が分かるのか考えてみました。

効果検証のポイント

効果検証の際にポイントとなることがありました。掲載のポイントになります。

  • 1つの原稿に対して1つの仕事のみを表記
  • 基本的には紙面は小さな原稿を複数の冊子に掲載、より多くの人の目に留まるような狙いがありました
  • 掲載した冊子のエリアはほとんど変えていません(あくまでも岐阜・愛知・三重・静岡の東海4県)
  • 原稿の大きさもほとんど変えていません
  • 待遇や条件は最初から現在まで一貫したままで変えていません
電子書籍

結果から分かったこと

2ヶ月という期間の中で検証してみましたが、だいたい予想通りの結果ではないでしょうか。

特に1ヶ月経過後の実績が悪すぎます。中学生の時に勉強した、きれいな放物線を思い出すような内容です。

僕が作成した折れ線グラフです

応募は1ヶ月後に70%ダウン、2ヶ月後には85%ダウンという恐ろしい結果でした。結果として応募コストは2ヶ月経過後は5倍くらいまで上昇してしまっています。

【まとめ】同じ原稿で出し続けるのは1ヶ月以内まで

同じ原稿を出すことで確かに、こちらの手間が省けるというメリットはあります。ですが、効果の面からはやはりオススメできません。少なくとも1ヶ月後には、出し方を変えたりメディアを変えて出稿すべきです。

その週ごとにプラン組みをしていては、なかなか考える時間がないので、向こう1ヶ月くらいの予定はざっくり立てておくと余裕を持った仕事ができるのではないでしょうか。

本日のまとめ

同じ求人原稿を出し続けていては、応募効果は必ず落ちるものです。流れの中で、いろいろな要因がたまたま重なって、いきなり大きな効果を得られることもありますが、全体的にはやはり落ちるものです。毎回、内容やプランを変える必要はありませんが、継続して出したとしても3週(3回)くらいに留めておくのが理想です。求人掲載の計画は必ず前もって立てておき、同じお金を出す以上は最大限の効果が出せるようにしましょう。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com