IndeedをLine友だち登録することで簡単に求人募集できます

紹介

インディードの応募者対応と仕事案件の公開をしようと思っていつも通り管理画面をひらいたところ、新しい通知が出てきました。内容としてはインディードの企業向けアカウントサービスというものでした。そのサービスが有益なものなのかどうか少しリサーチしてみました。参考程度にお読みいただければと思います。

管理画面にあらわれた告知

先日開いたときは出てこなかったので、ここ1、2週間内のサービススタートなんだろうと思います。LineにおけるIndeed企業向けアカウントのサービスがスタートしたとのことです。

引用 インディード

内容としては、Lineを使って求人情報の管理や応募状況の把握ができるというものです。

実際にその機能を使ってみたいと思います。PC画面に出てきたQRコードを読み込まなければなりませんので、Line@ではできません。今回は一般的なLineを使ったサービスになります。

実際に友だち登録してみました

通常のLineの方でQRコードを読みとりました。よくある企業やお店の友達登録と同じですね。

この時点で「許可する」「キャンセル」しか押せません。indeed側に読まれるのはプロフィール情報(必須)だけのようです。

友だち追加をクリックしたら、なぜかエラーになってしまいました。

もう一度仕切り直しで、QRコードから読み取りなおしたところ成功しました。

実際に機能を使ってみました

何事も自分でやってみないと細かいところまで分からないということで機能を使ってみます。

Lineのトーク画面の下の方に、ボタンがあります。

機能は3つあります。

  1. 求人を確認
  2. 請求書を確認
  3. サポートに電話

直接投稿は現在のところ、無料で運用していますので②請求書を確認は使う必要がありません。また、とくに困っていないので③サポートに電話も必要がありません。ということで①「求人を確認」をクリックしてみたら、ログイン画面になりました。

入力を済ませると、

いつもPCで見ている管理画面をスマホ最適化で見ているだけのような感覚ですが、「目に留まりづらくなっています」というアラートはスマホで初めて見た機能です。その右側にある「v」をクリックすると1週間のインプレッション数が表示されます。

有料掲載にするか、広告内容を編集するか、どちらかで対策をとりましょうという推奨だと思えばいいです。

【まとめ】求人案件の管理はとても便利にできる

こうして求人案件の内容を触ることができるのでとても便利です。出先でちょっと修正を加えたいというときにはサクサクできます。

それだけでなく応募者の表示や対応まで出来るのでまったく問題ありません。

せっかくの機能ですので多いに活用しましょう。

本日のまとめ

本日はインディードの企業向けアカウントというLineを使ったサービスについて記事を書かせていただきました。①案件管理、②請求額チェック、③電話問い合わせといったことがLine上でできてしまいます。そのなかでも案件管理については、応募者のチェックや対応までできるとても便利なものです。ただ、個人情報を取扱うことになるので十分注意はすべきです。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告