厚生労働省【新卒応援ハローワーク】【わかものハローワーク】の違い

転職希望の方向け

ハローワークの種類が多くてよく分かりません

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・ハローワークの種類が多くてどこに行ったらいいのか分かりません
 ・新卒応援ハローワークってどんな機関なの?
 ・わかものハローワークってどんな機関なの?
 ・新卒応援ハローワークとわかものハローワークの違いはどこにあるの?

ここ十数年でハローワークの組織も大きく変わってきました。

もともとは厚生労働省の下部機関として、各都道府県の労働局があり、ハローワークと労働基準監督署に分かれていました。

大きな枠組みは変わらないのですが、ハローワーク自体が増えたというよりは細分化が進んでいます。

その一部である「新卒応援ハローワーク」「わかものハローワーク」についてリサーチしました。

新卒応援ハローワークについて

新卒応援ハローワークについては、厚生労働省のサイトに書かれています。

新卒応援ハローワークは、大学・大学院・短大・高専・専修学校など(以下大学等)の学生・生徒の方や、これらの学校を卒業した方のためのハローワークです。
各都道府県に1か所以上、全国では56か所に設置しています。

厚生労働省

各都道府県に1ヶ所以上ありますが、都心部だから複数で、地方部だから1ヶ所とは限りません。

「新卒」と付いており、おもに学生を対象としたハローワークだと言えます。

基本的には新卒者(来春卒業予定者)、既卒おおむね3年以内(第2新卒者)が対象です。

「新卒応援ハローワーク」という名称ですが、ハローワーク内の1部門と捉えるのが自然です。

ポイント
・新卒担当者等の支援を専門的に行う就職支援ナビゲーターが専属的にサポートしてくれる
・エントリーシートや履歴書についての相談や添削指導が受けられる
・模擬面接や面接指導が受けられる
・全国の求人情報が検索できる
・就活フェアやセミナーへの参加ができる(全国で開催)

わかものハローワークについて

「新卒応援ハローワーク」と似ていますが、「わかものハローワーク」があります。

エリアによっては「わかもの支援窓口」「わかもの支援コーナー」と呼ばれるところもあります。

説明は、厚生労働省のサイトに書かれています。

わかものハローワーク(支援コーナー、支援窓口)は、正社員就職を目指すおおむね35歳未満の方がご利用いただけます。

厚生労働省

新卒応援ハローワークの対象は、学生および既卒3年以内の人なので18~25歳くらいです。

一方、わかものハローワークは25~35歳くらいだと言えます。

ポイント
・専属の就職支援ナビゲーターがサポートしてくれる
・全国の求人情報が検索できる
・就職後のフォローまで行ってくれる(ブラック企業に対する相談も可能)
・正社員就職のためのスキルアップ支援を行ってくれる

【まとめ】新卒応援ハローワーク、わかものハローワークのちがいまとめ

2つのハローワークの違いをまとめてみました。

新卒応援ハローワークわかものハローワーク
(支援窓口、支援コーナー含む)
設置数(全国)56ヶ所217ヶ所
わかものハローワークは22ヶ所)
利用料無料無料
対象学生
既卒3年以内(目安)
35歳未満(目安)
就職支援ナビゲーター専属専属
求人情報全国の情報が閲覧可能全国の情報が閲覧可能
模擬面接-(明記なし)
就職後のフォロー-(明記なし)
ポイント学生が対象となっている若年層の正社員雇用を目標としている

対象となる人以外の面で、2つのハローワークに大きな違いはないと言えます。

独立したハローワークというよりは、各都道府県・市にあるハローワークの1部門と考えた方が良いです。

本記事のまとめ
 ・新卒応援ハローワークは新卒学生・第2新卒向けのハローワーク
 ・わかものハローワークは35歳未満の若年者向けのハローワーク
 ・新卒応援ハローワークもわかものハローワークも全国ネットで求職者の支援をおこなっている
 ・専属サポーターが支援してくれるので一貫した指導やアドバイスが受けられる
 ・新卒応援ハローワークもわかものハローワークもハローワークの1部門と考えてよい

本日は以上です。

スポンサー広告