長期連休中の応募数のトレンド変化を調べてみました【2021年12月】

コラム

年末年始の求人応募って増えてます?減ってます?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・長期連休のときの応募はあるの?
 ・長期連休のときの応募数に変化はあるの?
 ・応募数のデータを見てみたい

年末年始に限らず、長期連休のときの応募対応の担当もしています。

感覚的に応募数は年々減ってきています。

景気状況、曜日、連休数などによって変化はありますが、トレンドを見てみました。

本日の記事は新卒や正社員というよりは、契約社員・アルバイト雇用に関する内容です。

年末年始に受ける応募

人材派遣業界であれば、長期連休のときでも関係なく応募が入ります。

最近の傾向
①応募数自体は減少傾向
②応募の電話をかけてくる人はかなり減少傾向(ネット応募がトレンド)
③年末年始については12/31、1/1の両日についてはほとんど応募はない

この3点です。

平日であっても、②ネット応募が主というのは最近のトレンドそのものです。

実際に過去5年ほどのデータを確認してみます。(年末年始に限定)

2017年~2021年の5年間の比較です。(いずれも12/30~翌1/5までの7日間)

時期(12/30~1/5)電話経由ネット経由合計応募
2017年 年末年始6件16件22件
2018年 年末年始6件14件20件
2019年 年末年始3件23件26件
2020年 年末年始7件32件39件
2021年 年末年始2件19件21件
数字・グラフから分かること
・応募数自体はあまり変わっていない
・昨年度からの実績は落ちているので、応募数が減少しているような印象を受けているだけ
・電話応募は年々減少傾向にある
・ネット応募は年々増加易傾向にある

【まとめ】年末年始の応募数はほとんど変わらない

案件構成によって違いはありますが、応募数自体はここ5年ほとんど変わっていません。

また、最近はネット応募が大半を占めます。

年末年始の長期休暇中でも応募はありますので、ネット経由の応募対応は欠かせません。

休日の応募対応によって採用数が変わる可能性があることを忘れてはいけません。

まとめ
 ・年末年始でも応募はあるので、応対業務は必要
 ・ここ5年ほどの年末年始の応募数はほとんど変わらない
 ・平日、休日ともに電話よりもネットからの応募がスタンダードになってきた

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告