SimilarWebは求人サイトの選定に効果的なのでオススメします

紹介

SimilarWebというツールについて教えてください!

どういったことに使うのですか?

この疑問を解決します。

この記事の内容

まだまだ自分が知らない求人メディアがたくさん運営されています。僕自身も、採用担当として長いことキャリアを積んできましたが、聞いたことのないサイトなんていくらでもあります。

また、新しく求人メディアに掲載しようとする際にどのように選定したらいいのかと迷うことが多くあります。メディア名を聞いてもピンと来ない、そういった時にはまずアクセス数を調べてみることから始めたいものです。そんなときに使ってみるべきツールがSimilarWebになります。

SEO対策にも使われるSimilarWeb(シミラーウェブ)

SimilarWebは「シミラーウェブ」と読みます。無料版有料版とがあります。

ウェブ系の知識に明るくない人や個人的に使う人は基本的には無料版を利用するケースが多いのではないでしょうか。会社などでは自社サイトのSEO対策だとか、競合ライバル会社などのサイト分析などに活用されています。

今回は、僕自身も利用している無料版の方に絞った形で記事を書かせてもらいました。

アカウントを作成し、初めての利用であれば有料版がお試しで利用できます。その後、一定期間が経過すると有料版の機能は使えなくなりますが、機能制限のある無料版であれば、そのまま継続して利用できるシステムになっています。登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
¥2,174 (2021/10/22 03:30:41時点 Amazon調べ-詳細)

SimilarWebのどこがすごいのか?

サイト解析のツールとして一番メジャーなのはGoogle Analyticsです。ブログを運営している人だと埋め込んで解析に使っているよという人も多いはずです。

でも、Googleアナリティクスは自分の所有するサイトの分析しかできません。ほかのサイトの情報は手に入れることができないのです。

SimilarWebではどういったことが解析できるのでしょうか。無料版でも収集できるデータはたくさんあります。

  • 直近3ヶ月間の合計訪問数
  • 訪問デバイスの分析(PC・スマホ)
  • サイトランキング(グローバル・国内・カテゴリー別の3ランキング)
  • 月間セッション数
  • サイト滞在時間
  • 1訪問あたりのPV数
  • 直帰率
  • 流入チャネル(ダイレクト、オーガニック、SNS、有料広告などの項目ごと)
  • 国別利用者
  • 検索種別(オーガニック・有料)
  • 検索キーワード(上位5位)
  • リファラルサイト(上位5位)
  • リファラルカテゴリー(上位5位)
  • 流出先のリンク(上位5位)
  • SNSトラフィック
  • ディスプレイ広告の概要

一定数のアクセス数があるサイトであれば、それぞれの項目でおおまかな数値が書かれています。精度に関しては賛否分かれるケースがあったり、全部の項目がしっかり書かれているわけではありません。

Googleアナリティクスで見た訪問者数と、Similar Webで見た訪問者数にはズレがあるようです。どちらのサイトもあくまでも参考値として見るだけで、ちょっとした大小だけに一喜一憂する必要はありません。

レバテック キャリア

アクセス数の少ないサイトだと表示されないケースもありますが、これだけのデータが収集できれば相手を知る一歩目としては十分すぎます。また、サブディレクトリ形式のサイトは分析ができませんのでご注意ください。

求人メディア選定のときにはとくにチェックするべき数字

求人メディアの選定で迷っている時に特に大事にすべき項目は3点だけです。

  1. 直近3ヶ月間の合計訪問数
  2. 上位リファラルサイト
  3. 流入チャネル

では、項目と理由を説明させて頂きます。

①直近3ヶ月間の合計訪問数

単純にサイトの活況度を見るためです。

利用者数が多ければ多いほど、応募してくる人の数も当然期待できます。また、募集をする会社・案件の数にも影響し、相乗効果に繋がりますので一番大事にすべき項目だと言えます。

Si
出典 Similar web(あるサイトの分析結果)

訪問数が小さいからまったくダメだということではありません。少なくても前月比で大きくプラスであれば伸びしろがあります。プロモーションの展開次第で数字は大きく変わります。訪問数が多くても、だんだん低下していく場合もありますので、数字自体は客観的に見るようにしてください。

直近3ヶ月間の増減も確認すると、より効果的です。

特定の職種や業界に特化している求人サイトは、当然ですがアクセス数も少なくなりがちです。

②上位リファラルサイト

アグリゲート型サイトとの連携状況を見るためです。

最近は、求人サイトに直接訪問してくる人の数よりも、インディードや求人ボックスといったアグリゲート型求人サイトを経由してくる人の方が主流になりつつあります。クローリング案件の経由にしても、スポンサー広告の経由にしてもとにかく、そういったサイトと連携が取れているかを見ることが重要です。

出典 SimilarWeb(タウンワークネットの分析結果)

上の画像は、タウンワークネットの分析結果になります。

  • 1位:インディード
  • 2位:求人ボックス
  • 3位:スタンバイ

上位3位は全て、アグリゲート型の求人サイトになります。インディードが大きく抜けていますが、アグリゲート型求人サイトとの連携対策がきちんととれている証拠です。

③流入チャネル

オーガニック検索やダイレクト流入の割合を見ることで、サイトの隠れた実力を見ることができるからです。

オーガニック検索に優れたサイト作りって、かんたんにできるものではありません。

Similar Webで分かるのは、あくまでも数値ではなくシェア率ですが、それでも1つの指標にはなってくれます。また、有料検索やディスプレイ広告に数字が入っている場合は、きちんと資金を投下しているということの裏付けでもあります。

出典 Similar web(あるサイトの分析結果)

SimilarWebを使って2つのサイトを比較検証してみました

実際に、今回比較したのは、対象領域がよく似ている「工場ワークス」と「ジョブコンプラス」という2つのサイトを比較してみました。業界での知名度もよく似ています。

僕自身もどちらに掲載するか迷うことがよくあります。

工場ワークスとジョブコンプラスを実際に見比べてみました

僕自身が項目ごとにまとめた表になります。数字が良かった方にはテキストに色をつけてあります。

チェックした項目工場ワークスジョブコンプラス

訪問数
(直近3ヶ月)
2,189,3003,234,100
上位リファラルサイト
(まとめサイトに限定)
indeed:4位(11.18%)
Yahoo!仕事検索:5位(6.41%)
indeed:2位(29.73%)
流入チャネルオーガニック検索(80.39%)
有料検索(0.09%)
ディスプレイ広告(0.40%
オーガニック検索(83.15%
有料検索(0.12%
ディスプレイ広告(0.11%)
感想Yahoo!仕事検索からの
流入が狙える。
ディスプレイ広告の
割合が高いのも魅力。
リファラルサイトの
2位がindeedなのは
高評価。
オーガニック検索の
割合が高く、
サイト実力は高い。
2020.9.28時点のデータ

同じ費用を投下するのであればどちらのサイトを選ぶか

先ほどの比較表だけで比べてみれば、個人的な見解では「ジョブコンプラス」を選びます。あくまでも個人的な見解ですが、理由は2点あります。

  • indeedとの連携が、工場ワークスよりも魅力的だったこと。
  • 3ヶ月間のアクセス数が、工場ワークスよりも高かったこと。

もちろん、募集する職種、提案してもらうプランだとか、募集エリア、掲載期間などの条件が変われば結果も大きく変わります。今回はあくまでも同じ条件でという前提の下の記事になりますので、この選択が必ずしも正解とは限りません。

【まとめ】メディア選定の第一歩にSimilar Webはかなり有効的

自分が全く知らないサイトを調べる時に、なかなか素材がないと調べることができません。運営会社から営業案内の資料はもらえますが、やはり別の目線でのチェックが必要になります。

今回お伝えしたい内容としては3点です。

  • Similar Webは無料版でも大きな武器になるので使った方がいい
  • メディア選定で大事にすべき項目は、①アクセス数・②リファラルサイト・③流入チャネルの3点
  • 断片的ではなく、あくまでも総合的な判断を行うべき。あまり固執しすぎるのもNGです。

専門知識がない人でも、SimilarWebはある程度使いこなすことができます。無料版は利用できるコンテンツに制限がありますが、それでも十分な情報を入手することができます。有料版はそれなりに金額がかかるので、一般の人は無料版で十分でしょう。SimilarWebで得られた数値はあくまでも参考程度に見るべきで、あまり固執しすぎるのは禁物です。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告