オンライン面接ツールで有名なスタジアムから営業提案がありました

紹介

オンライン面接は導入するべきですか?

アドバイスさせていただきます。

このブログでも定期的に書いていますが、営業の電話の対応もしています。

今回、紹介させてもらうのはスタジアムという会社です。

オンライン(WEB)面接ツールを販売しています。

ツールを販売する会社は多くありますが、知名度・導入実績など業界でもトップクラスの会社です。

ここ数年は新型コロナウイルス感染の影響もあり、導入する会社も増えています。

この記事の内容
 ・オンライン面接を導入する会社は増えているの?
 ・インタビューメーカーってどんなツール?
 ・オンライン面接ツールはどんなパッケージがある?
 ・オンライン面接は導入したほうがいい?

オンライン面接を導入する企業は増えている

オンライン面接を受ける立場の目線での過去記事になります。

お時間のある方はお読みください。

【比較】オンラインで受けるWEB面接のメリットとデメリットと注意点

会社が導入している、しようとしている理由やメリット・デメリットについても触れました。

もとは業務効率の一環として導入されたのがきっかけです。

最近は新型コロナウイルス対策としての導入が進んでいるのも事実です。

導入するメリット
・業務効率の改善
・応募者の離脱防止
・コロナウイルス対策

スタジアムについて

公式サイトより(2021.1.18時点)
・2012年設立
・本社は東京都港区
・拠点は東京サテライトオフィス、札幌、名古屋、大阪、福岡、沖縄
・事業内容はWebサービス・アプリ・システムの企画・開発・販売など
・従業員数は198名(2020年11月末時点)

オンライン面接のツールとして、「インタビューメーカー」を販売しています。

インタビューメーカーについて

実際に製品紹介のサイトを確認します。

2021.1.18現在では、2,800社(営業案内より)を超える企業がツールを導入しています。

トヨタ自動車、パナソニック、ANA、日産自動車、三菱UFJ銀行など大手企業も導入しています
実現可能なこと
・WEB面接の実施
・WEB説明会の実施
・録画面接の実施
・採用管理機能
・各種ATSとの連携
・コスト削減・労力削減
・面接実行数の増加
・応募者接点の増加
・全てのWEB面接が録画保存可能
・自動リマインドメール送信(24時間前・1時間前)
・面接者の評価シート管理(複数人での管理が可能)
・オンラインでの面接日程調整が可能
・履歴書の自動生成
・応募者に対するメール送信が可能

前提となる機能は、やはりオンラインでの面接や説明会の実施機能です。

オンライン面接ツールの比較

オンライン面接ツールとして、名前を聞くものを出しておきます。

今回は面接ができればいいというスタンスでの表記になります。

インタビューメーカー

引用 インタービューメーカー
初期費用39,800円
  月額費用  29,800円
初年度合計397,400円
導入実績2,800社
特徴  大手企業の導入事例多数  
上限360回
寸評高めの価格帯

harutaka(ハルタカ)

引用 harutaka

インタビューメーカー同様に非常にメジャーなサービスの1つです。

公式サイトに、価格の掲出はありませんので少し不明な点が多いです。

こういったケースは多々ありますので、営業担当の人に確認してみてください。

初期費用非公開
  月額費用  非公開
初年度非公開
導入実績非公開
特徴  大手企業の導入事例多数  
上限件数非公開
寸評非公表の事項が多い

SOKUMEN(ソクメン)

引用 SOKUMEN

比較的シンプルな機能に抑えられているのが、SOKUMENです。

その分、月額の固定費は安く抑えられているのがありがたいですよね。

初期費用なし
  月額費用  19,800円~
初年度237,600円~
導入実績非公開
特徴  欲しい機能はオプションにて購入  
上限無制限
寸評圧倒的な低コスト

そのほかのツール

オンライン上での対面は可能ですが、オフィシャルな面接ツールとしての導入は慎重に判断すべきです。

  • Zoom
  • Facetime(iPhone)
  • Google Meet
  • MicrosoftTeams
  • Skype
  • Whereby
  • ほか、スマートフォンで使えるテレビ電話系のツール
セキュリティや信頼性、個人情報保護の観点にはとくに注意すべきです

僕がオンライン面接を受けたときに使用したツールは、Zoom、Whereby、Facetimeでした。

created by Rinker
¥1,650 (2022/09/27 15:13:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
eMeet
¥2,986 (2022/09/27 15:13:20時点 Amazon調べ-詳細)

【まとめ】大企業が利用する信頼性に優れたインタビューメーカー

オンライン面接ツールを何本か比較しました。

会社や担当者によって、重視する項目は違いますし、選ぶ観点も異なります。

もちろん、オンライン面接を受ける側の人の状況も考えなければなりません。

正社員や管理職の人に対して、SkypeやFacetimeでの面接はオススメしません。

アルバイトの面接にアカウント作成の必要となるツールはオススメしません。

ネットでの安全性に対する注目度は高いです。

インタビューメーカーは大手企業も利用する、安心できるサービスであると言えます。

本記事のまとめ
 ・スタジアムが発売するオンライン面接ツールは「インタビューメーカー」
 ・インタビューメーカーは大手企業も利用している信頼性の高いツール
 ・オンライン面接ができるツールは他にも、「harutaka」「SOKUMEN」などもある
 ・面接する対象者に合わせた面接ツールの選択も必要
 ・まずは基本機能とネット上の安全性を重視したツールの選択が必要

本日は以上です。

スポンサー広告