携帯からの営業には注意すべきなのか?【ワンツーキャリアからの営業】

紹介

携帯電話から営業の電話がありました。

どういった会社ですか?

この疑問を解決します。

この記事の内容

営業担当者が会社支給の携帯電話から営業をかけてくるケースもときどきあります。

口頭で会社名を言うので、聞き間違いなんかがあると会社のことだとか、サイトの中身を調べることができません。

代表の固定電話番号が表示されると、そこから検索することもできるのですが、携帯ではできません。本日は営業提案を受けたサイトを紹介します。

提案を受けたサイトについて

今回、紹介してもらったサイトはワンツーキャリアです。

ワンツーキャリアのURLは、https://1-2career.com/です。

ランディングページによると検索軸は4つです。

  1. キーワード
  2. 地域
  3. 職種
  4. 給与

検索軸をすべて入力する必要はなく、どれか1つだけの入力でも検索できます。

以下は、SimilarWebのデータになります。

訪問数は順調に伸びていると言えます。

流入を見てみると、サイト立上げ歴が浅いサイトの割にはダイレクト流入が異常に多いことに気が付きます。

  • データに誤差がある
  • 一部のユーザーのブックマーク流入、URL入力が異常に多い
  • 流入経路が不明な流入が含まれる

こういった要因があると思われます。

サイトの使い勝手について

求人サイトは応募獲得があって全てです。コンバージョン(CV)とも言いますが、CVがなければ掲載する意味がありません。

案件個別のページから「この求人に応募する」をクリックすると、エントリーページに進みます。

引用 ワンツーキャリア

でも、既定の応募フォームではなく、自分で項目を見て入力しなければなりません。

企業情報欄は自動的にクリックした会社名が入力されていますが、電話番号をメッセージ本文欄に入力しなければならず、急いでいると記載を忘れそうです。

また、応募情報が届くのはサイト運営会社であるワンツーキャリアに届くようで、応募者の目線では不便です。

  • 応募課金などのサイトだと運営者がカウントのためにいったん間に入る
  • 応募情報を掲載企業に伝えるシステムが整えられていない

検索方法については改善の余地がありそうです。

愛知県の案件だと介護施設・保育系が目立ちます。こじんまりした事業所が多いからかもしれませんが、1社1案件がベースになっているようです。

検索が不便なので、PV数も増える構図になっています。

提案内容について

営業提案の内容としては、最近流行りの無料掲載キャンペーンに乗っかりませんかという内容です。

3週間の無料キャンペーンがあり、原稿の内容はぜんぶ運営側がやってくれるとのことでした。

無料だからこそ起きるトラブルもあるようですので、掲載の際には十分注意しましょう。

【まとめ】ワンツーキャリアのキャンペーン営業

携帯からの発信だったので、どこの会社に所属しているのか確認は取れませんでしたが、内容としてはワンツーキャリアの提案営業でした。

ちなみに、会社概要のページにワンツーキャリアと書かれていますが、運営事務局という表示があるだけで、法人登記名が株式会社なのか有限会社なのかは不明です。

ワンツーキャリアという求人サイトの提案営業をしてもらいました。掲載無料キャンペーンが展開されているということで、うまく活用するのも1つの方法ですが、いずれかは有料掲載に切り替わるので注意しましょう。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告