リンクジョブズという会社から新規サイトの営業をしていただきました

求人メディア

先日、また新しい会社さんから求人サイトの営業提案をいただきました。僕自身は初めて聞きましたが、「リンクジョブズ」という会社さんが運営する「リンクジョブズ」という求人サイトの提案でした。リサーチした部分も加えて記事を書かせていただきました。参考程度にお読みいただければと思います。

似たようなサイト名と混同注意

同じような名前のサイトがあるので、電話を取り次いでもらうときに聞き間違えたのかなって思ってしまいました。

そのなかでも一番知名度の高いのは「ジョブリンク」です。(ジョブリンクのリンクはこちら)僕はジョブリンクと間違えているのだと思っていました。

ほかにもジョブリンクスという会社名の人材サービス会社もあるようですが、今回はリンクジョブズという求人サイトの話です。(リンクジョブズのリンクはこちら

リンクジョブズってどういったサイトなのか

まずはトップページからです。

立ち上がって間もないサイトなので、SimilarWebでのデータチェックは意味がありません。掲載件数もまだまだこれからだと言えます。

ここで営業提案のポイントがいくつかあります。

  1. アグリゲート型求人サイトや検索エンジンにも連動される
  2. 掲載申込日に掲載してもらえる
  3. 求人情報の内容が分かりやすい

そのなかで、一番強く言われたのは①アグリゲート型求人サイト、検索エンジンへの連動です。オフィシャルサイトをそのまま引用すると、

  • Indeed
  • 求人ボックス
  • Yahoo!しごと検索
  • Googleしごと検索

4つのサイトが書かれています。Yahoo!しごと検索については、現在はスタンバイ(に吸収されました)となっているはずなので、少し情報が古いのかもしれません。

オリジナルで作られたサイトではない

サイトの下の方までスクロールしていくと、ゼロからオリジナルで作られたサイトではないことが分かります。

引用 リンクジョブズ

よくみると「product by 求人サイトビルダーCMS型」と書かれています。リンク先へ飛んでいくと、求人サイトをかんたんに作成できるCMS(Contents Management System) の販売を、株式会社カスタマという会社が行っています。

パッケージで販売しているというわけです。

厳しい目でチェックしてみます

ものすごく厳しい目でチェックしてみます。

indeedや求人ボックスなどと連携ができているという営業フレーズがありました。でも、リンクジョブズというサイトがアグリゲート型求人サイトと連動しているのではなくて、あくまでも求人サイトビルダーCMS型が連動しているということになります。

それぞれのサイトに対するフレーズを見ていくと、

  1. Indeed活用(feed活用)

Indeedについてはフィード送信ですので、データをまとめたものを運営会社からIndeedに送信しているようです。掲載規定がありますので、職種名などは短く、シンプルにというのが求められます。

  1. 求人ボックス、Yahoo!しごと検索活用

こちらはIndeedのようにfeed活用とは書かれていないので、クローリングを主にしているのかもしれません。いずれにしても「活用」という他力本願的なフレーズが気になります。

  1. Googleしごと検索対応

こちらは「活用」よりももう1段階下のレベルのように取れます。捉え方次第にはなりますが、対応はしていますが掲載されるかどうかは原稿次第ととれなくもありません。

【まとめ】全てのカギを握るのはCMS自体の値段かもしれない

今回の提案は案件を増やしたいという思いから特化にて掲載できるキャンペーンの紹介でした。

indeedとの連携を打ち出しているサイトだと、おそらくオプションなどもあるのではないでしょうか。全て加味して、リンクジョブズに掲載した場合と自社でCMSを運用した場合との値段を比較してもらって、あまり大きな差がないようであれば、オウンドメディアとなるCMS運用を優先すべきです。

とくに長期で運営を検討している会社であれば、なおさら自社で運用していく方がいいでしょう。

  • 派遣会社のためのCMS(派遣サイトビルダーCMSへのリンク先はこちら
  • 一般企業のためのCMS(採用サイトビルダーCMSへのリンク先はこちら
本日のまとめ

本日は営業提案を受けた「リンクジョブズ」というサイトの紹介をさせて頂きました。開設されて間もないサイトですので、知名度だとか案件数は少し寂しいものがあります。リンクジョブズは別の会社から販売されている求人サイトビルダーCMS型というパッケージを使って作られています。CMSなので、少しオリジナリティに欠ける部分はありますが、一度掲載して様子を見るのも良いかと思います。ただ、長期で運用を考えているのであれば、費用しだいにはなりますが、自社でCMSを運用するほうがコストメリットがあります。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com