とくに優れたキャリアのない人にはビズリーチは敷居が高いのだろうか

転職希望の方向け

最近、テレビコマーシャルでよく見かける「ビズリーチ」のフレーズ。ビズリーチのサイトイメージとしては、コテコテの仕事ができる正社員層が登録して転職を狙っているような感じだと僕は思っています。とくに人よりも秀でたキャリアのない人が本当にビズリーチを通じて転職ができるのでしょうか。まずはサイトに登録してみましたので、参考程度にお読みいただければと思います。

ビズリーチというサイトについて

ユーザー登録にあたって、まずはランディングページから見てみます。

僕のような人にはかなり荷が重いかもしれませんね。キャッチフレーズが全てを物語っています。

  • 選ばれた人だけのハイクラス転職サイト
  • 優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く

ハイクラスな人でもありませんし、ヘッドハンティングなんて受けたことがありません。ビズリーチで転職活動をすることは可能なんでしょうか。とにかく登録だけでもしてみます。

ビズリーチに登録をしてみました

登録の手順をみてみます。

登録したアドレスに認証コードが届きますので、その番号を入力します。すると、登録完了メールが届くはずです。あとはひたすら入力作業が続くことになります。

以下はこのような感じです。

  • 性別
  • 住所
  • 生年月日
  • TOEICレベル
  • 最終学歴
  • 氏名
  • 携帯電話番号
  • 転職経験の有無
  • 転職希望時期
  • 直近の在籍企業
  • 直近の在籍企業の業種
  • 直近の在籍企業での職種
  • 直近の在籍企業での業務内容

ここまでいくと一区切りできます。スカウトを受け取るための最低条件のようですが、スカウトを受けたいのであれば、やはり詳細情報の入力も済ませておきたいものです。

詳細情報としては、

  • 直近の年収
  • マネジメント経験(マネジメント人数)
  • 今までに経験した業種(業種・年数)
  • 職務経歴
  • 希望年収(実数字としては600万以上が最低)
  • 希望業種
  • 希望職種
  • 希望勤務地
  • 興味がある働き方
  • 保有している資格
  • 特筆すべき表彰事項
  • あなたのスキル
  • これまでのキャリアの職務要約
  • 特記事項

ここまで行くと、すべて完了です。登録後は、ビズリーチの審査があるようです。審査自体は1~3営業日内に完了するとのことですので、少し待ちましょう。

【まとめ】どんな方でも登録自体は難しいことではありません

ビズリーチへの登録自体は難しいことではありません。自分で文章を入力するのは、ごく限られた場所だけです。ほとんどの項目が選択チェックの項目ばかりなので、けっこうサクサク進みます。

サイトのトップページや希望年収の入力欄からも分かるように、最低でも年収600万円以上の層の人たちが利用するサイトですので、現在それぐらいの層にいらっしゃる方や、大幅なステップアップを狙う人はぜひ登録しておくべきです。また、登録が終わった方は、よりスカウトが来やすいように登録情報のブラッシュアップをしておきましょう。

ごく普通のキャリアの持ち主の僕にスカウトがもらえるかということについては別の記事で改めて書かせてもらいます。

本日のまとめ

本日はビズリーチへの登録を行ってみました。ビズリーチ側のユーザーターゲットは、最低年収600万円、どちらかというとエグゼクティブ層に置かれているようです。自分がそこに届かないからというだけで何もしないのでは、道も開けません。登録自体は20分もあれば十分できるので、スキマ時間を見つけて登録してみましょう。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告