先日受けたdoda合格診断の結果が返ってきましたが信憑性はどうなのか

転職希望の方向け

先日、面白半分・興味半分でdodaの合格診断というものを受けてみました。中小企業に勤務をする人からすれば、企業知名度も福利厚生も確実に上回ると思われる誰もが聞いたことのあるような大企業に合格できるかどうかの診断をしてくれます。その結果が返ってきましたので記事にさせて頂きます。参考程度にお読みいただければと思います。

dodaの合格診断ってなんですか

過去記事になりますので、お時間のある方はお読み下さい。

dodaの合格診断は、国内でもトップクラスの大企業に合格できるかどうかの診断をしてくれます。診断を受けるときに、こちらから送る情報はざっくりしたものだけなので信憑性としては少し疑問なところもあります。

届いた結果にはびっくりしました

こちらの情報を入力する項目はそんなにありませんでしたが、返ってきた結果には驚きました。

「就職人気企業ランキング上位300社のうち」と書かれてはいますが300位どころかトップ10にランキングするような会社も何社か含まれています。僕自身のどこを取ってこのように判断されたのかは分かりませんが、これらの企業に合格するようであればとても優秀な人材だと言えるのではないでしょうか。

【まとめ】あくまでもゲームみたいな感覚で受けるべき

募集職種などが分からないのに合格診断を受けて結果を見て喜んでいても無意味です。

たしかに一流企業ばかりが名を連ねているので嬉しさもありますが、あくまでもゲーム感覚、結果を聞き流しておく程度にしておくべきです。こちらから提出した情報量はほとんどない中で合格診断なんて出せるわけがありません。

あくまでも「合格する可能性」ですから。「ゼロ」ではないので可能性があると言っても嘘ではありません。

これは恐らく、診断して終わりではなくて、その後の登録などに繋げるサービスの一環だと思います。

本日のまとめ

先日受けた、dodaの合格診断について記事にさせていただきました。年齢や職歴など、こちらからはちょっとした情報を提出するだけで、名前を聞いたことのある有名企業に合格できるかどうかの診断をしてくれるサービスになります。合格診断をしてあげたところでdodaとして売り上げに繋がるわけではありません。その後、登録などに繋げて売上見込みとなる人を開拓する狙いがあるのだと思います。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告