HR Forceが運営するRecruitingCloudについて

紹介

HRフォースという会社のリクルーティングクラウドについて教えてください。

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・HR Forceってどんな会社?
 ・RecruitingCloudってどんな商品?

HRフォースという会社から営業をしてもらいました。

引用 HR Force

内容はリクルーティングクラウドという商品についての紹介です。

僕自身の備忘録も兼ねて、記事を書かせていただきます。

提案資料から

提案内容としては次のとおりでした。

会社概要

  • 2018年設立
  • 船井総研ホールディングスの100%子会社
  • indeed運用の実績は6,000社を超える(ゴールドパートナー)

リクルーティングクラウドについて

  • 150以上の連携媒体を用いて採用コストの最適化を行う
  • ターゲットは3点(応募単価削減、応募者数増加、運用工数削減)
  • 利用企業は多数、会社規模や業種・職種を問わず活用できるツール
  • サービス費、運用手数料はかからない

RecruitingCloud(リクルーティングクラウド)の詳細

引用 HR Force

150以上の連携メディアを用いて採用活動の最適化

indeed、求人ボックス、スタンバイ、Googleしごと検索などの求人検索サイトと連携しています。

リターゲティング(追いかけ)広告、ディスプレイ広告、クリック課金広告も活用しています。

具体的なサイト名は教えてもらうことはできませんが、150以上のメディアと連携しています。

3点のターゲット(応募単価削減、応募者数増加、運用工数削減)

HRフォース独自のネットワークに出稿されます。

AIが最適な出稿先を判断しているので、95%の顧客が内容に満足しているとのことです。

そして、今まで蓄積してきた20万件の求人原稿ビッグデータの中からワードの選定を行います。

結果として、応募者に刺さる原稿となり、応募増加につながります。

出稿は一括で行うので余計な手間がかからず、工数削減につながります。

効果測定や改善案の検討に至るまで、すべてリクルーティングクラウドが行ってくれます。

会社規模や業種業界に関わらず利用ができる

利用企業の多い業界を上から挙げると、

  1. 人材派遣・紹介
  2. 医療・介護
  3. 物流・交通

これらのトップ3だけで50%のシェアに達します。

人材派遣業界は保有案件も多く、いろんな場所で採用活動を行っているので、当然の結果です。

サービス料・運用手数料はかからない

HRフォースに支払う金額がそのまま運用広告として使われます。

アグリゲーションサイトで有料広告を運用してもらうと代理店にマージンを払う必要があります。

マージンは運用金額の20%という代理店が多いです

リクルーティングクラウドに関しては、支払金額が運用費として使用されます。

多くの会社が魅力に感じているはずです。

【まとめ】トータルで運用コストを下げたい場合は有効的

会社全体の案件に対して運用して、全体のコストを下げていきたい場合にはオススメです。

また、リクルーティングクラウドはATS機能も持っています。

ATSを使用しているか、会社全体でどれくらいの求人募集をしているかによって利用オススメ度は変わります。

まとめ
 ・RecruitingCloud(リクルーティングクラウド)はHR Forceが運営する採用管理ATS
 ・リクルーティングクラウドは150以上の求人メディアと連携している
 ・サービス運用手数料はかからず、支払金額がそのまま有料広告の運用費
 ・案件個別の強化ではなく、会社全体の案件に対して運用してもらう方法が理想的

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告