indeedに頼ることを止めたバイトル・バイトルNEXTの独自路線

求人メディア

先日、バイトルから1通のメールが届きました。簡単に内容だけお伝えすると、バイトルとバイトルNEXTの求人情報はindeedでは閲覧することができないという内容です。最近はindeedとの連携を進めるメディアが多い中で、全くの独自路線を打ち出したことになります。採用担当としては、「+」に転じるのか、「-」に転じるのか非常に興味深いリリースです。参考程度にお読みいただければと思います。

バイトルから届いた1通のメールマガジン

先日、2021年2月中旬にバイトル編集部から1通のメールマガジンが届きました。

読みたくてメールマガジンに登録した記憶がないので、おそらくバイトルのユーザー登録を済ませている人に対して一括送信されているメールだと思われます。

僕は仕事柄、いろいろな求人サイトに登録するようにしています。

メールマガジンもかなりの頻度で受信しますが、タイトルを見て気になるものだけ、本文を読むようにしています。その中の1通が今回のメールでした。

出典 バイトルメールマガジン

内容としては、バイトルの求人情報はindeedには掲載されていないとのことです。

もう少し細かいところまで確認してみました

届いたメールから外部リンク(バイトルマガジン)にジャンプして内容を確認しました。

ポイントをまとめると次のようになります。

  • バイトル、バイトルNEXTの求人情報が閲覧できるのは「バイトル」「バイトルNEXT」のみ。
  • はたらこねっとの求人情報が閲覧できるのは「はたらこねっと」のみ。
  • 2020年10月からindeedへの掲載をストップしている。
  • 大きな理由としてはindeedの掲載基準(低)とバイトル・はたらこねっとの掲載基準(高)にズレがあり、ディップ側が安全性を担保できないと判断したため。

表現が少し遠回し的なので、分かりやすくまとめました。

バイトル、はたらこねっとの求人情報は、2020年10月からindeedに掲載されていません

採用担当の目線から見たポイント

なぜ、こうした取り組みをしたのだろうかと考えてしまいます。

採用担当者としての目線で見たポイントを考えてみました。

  1. indeedを通じたサイト訪問に懸念を感じたため(サイトブランディングの維持)
  2. indeedへの対策にも相当のコストがかかる(有料広告枠)
  3. 求職者には定着しつつあるindeedを通さないことでユーザーが減ってしまう懸念
  4. 掲載基準のズレとは具体的に何があるのだろうかという疑問

僕が考える大きな理由としては、やはり①サイトブランディングの維持にあると思います。

求人募集を探す側は、やはり手間がかからないindeedを選ぶ傾向が強いです。僕が求職者の立場であったとしても、各サイトを訪問して求人情報を閲覧するのではなく、アグリゲート型サイト(indeedや求人ボックス)を選ぶと思います。

そして、②コスト面の問題もあると思います。

「1クリック=●●●円」という単価設定の広告を出すには、相当のコストがかかります。また、広告運用チームを持たなければ、うまく運用ができません。そういった点では、それらのコストを違う面に投下した方が回収しやすいと踏んだのだと思います。

【まとめ】サイトブランディングの維持には必要な措置

今回の取り組みが+に転じるのか、-に転じるのかは分かりません。

ただ、最近はなんでもかんでもindeedという求人業界の風潮が強いので、疑問を投げかけるいいきっかけになると僕は思います。

indeedが台頭してきてから、サイトそれぞれのブランディングが落ちてきていると感じています。

indeedエントリー(簡易応募)の導入拡大によって、サイト流入の分析も正しくできなくなってしまいました。求人誌・サイトの「an」がクローズになった原因の1つもindeedにあると言われています。

そういった点では個々のサイトに頑張って欲しいと思っています。

本日のまとめ

2020年10月からバイトル、バイトルNEXT、はたらこねっとの求人情報はindeedに掲載されなくなりました。これは、運営会社ディップ㈱の意図的な取り組みです。ただし、バイトルマスターという採用管理ATSの案件は異なります。)最近は、各社がindeedに頼り過ぎている部分もありますので、非常にいいきっかけになると思います。サイトブランディングの維持にも繋がるはずです。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告