【人材業界比較】日本ケイテムについて調べてみました

人材サービス

日本ケイテムという人材サービス会社について教えてください!

この疑問を解決します。

この記事の内容

人材業界の会社についてリサーチしてみました。

一部、記事の中でクチコミの引用もしますが、あくまでも中立的な立場で業界のことを調べてみました。

外部の人間からは全部を推しはかることは不可能ですが、リサーチしたことを書かせていただきます。

日本ケイテムの会社概要

正式名称は株式会社日本ケイテムです。

公式サイトによると、

  • 1970年3月創業
  • 本社は京都
  • ほぼ全国の都道府県に事業所がある
  • 前身は保全下請けの会社
  • 製造に強みを持っている
  • 在籍スタッフ数、資本金、売上などは不明

こういった情報を読み取ることができます。

充実した自社専用の求人サイトを運営

人材サービスを展開する会社としてはほとんどの会社が自社専用の求人サイトを運営しています。

日本ケイテムも充実させたサイト構成になっています。

日本ケイテムに限らず、大手の人材サービスの会社はアクセス数だとかはあまりメジャーでない求人サイトの数字をかんたんに超えてきます。

SimilarWeb(2021.12.14時点)

SimilarWebの数値はズレがあると言われていますので参考程度にしか見れませんが、それでも1ケ月に11万アクセスの数字を記録しています。

日本ケイテムのクチコミは?

クチコミサイトとしてはメジャーな存在の2サイトを見てみます。

引用 openwork
引用 ライトハウス

2つのサイトで少し評価が分かれますが、だいたい中間点くらいに位置しています。

openworkの点数評価のなかで、「法令順守意識」は高いスコアが付いています。人材サービス事業の会社なので、おそらく「有給」「時間外労働」といったところが当てはまると思われます。

専門性を追求するのではなく、毎日当たり前に出勤できる人を探している

業務は簡単です。 すぐに覚えれる内容ばかり。 毎日同じ事を繰り返す。

4日出勤して、2日休むサイクル。 休みは多いのはいいが、土日休みたい人には向いていない。

ワークライフバランスは、自分の部署は、かなり良い。

プライベートも別に干渉されませんし常識的な範囲なら休みも取れます

寮はあるが正社員は家賃1年だけ3分の1補償のみで、契約社員になると一律6万円かかる。退職金はない。

残業は無いに等しいのは良い点。基本的にはクライアント先のカレンダーを採用し、十分な年間休日日数をとれる。土日出勤は基本的にない。

女性管理職も複数おり、一般論としては女性を活用している会社だと思う。

人材サービス系の会社によくあるクチコミですが、配属先(派遣先)によって残業や休日のスタンスが変わりがちです。「アタリ・ハズレ」になりますが、全体的にはある程度はコントロールされているようです。

【まとめ】製造系の仕事に就きたいのであれば抑えておくべき会社

同業の視点で、労務・法務に関するオンラインセミナーを開催している会社はほとんどありません。

いろいろな情報発信をする、会社内でコンプライアンスに対する取り組みを行うということは働くスタッフとしても安心できるポイントの1つになります。

募集案件としてはやはり製造業務が目立ちます。

日本ケイテムの企業の発祥が、製造になります。洗濯機のバランスウェイトを電機メーカーの工場の片隅で製造していたことから企業が始まっています。そうしたことから、製造事業に対する取り組みが厚くされています。

大手メーカーの期間従業員募集案件は少ないですが、他の募集案件は豊富にあります。

仕事に関係する資格取得をバックアップする制度を活用するのも1つです。

本日は製造派遣としては大手企業の1つだと言える日本ケイテムについて記事を書かせていただきました。事業の根幹が製造業にあり、現在でもその流れを引き継いでいると言えます。配属先によって待遇や勤務条件は少し異なりますが、なにか新しい仕事をしてみたいという人にはいいかもしれません。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告