労働契約等解説セミナー2021の機会を活用されてはいかがでしょうか

法律問題

労働基準法だけでなく、雇用に関する法律ってときどき改正になります。各都道府県の労働局が発行するリーフレットやホームページは定期的に目を通しておきたいものです。たとえ採用に直接かかわることのない人であっても、社会人の常識として覚えておきたい内容もたくさんあります。本日は紹介だけなので、軽く参考程度にお読みいただければと思います。

セミナーの概要

まずは厚生労働省の委託事業として今回のセミナーが開催されます。

正式名称は「労働契約等解説セミナー2021」となっており、LECで知られる株式会社東京リーガルマインドが受託しています。オンラインセミナーと会場開催と、両方とも行われますが、どういった立場の方でも参加ができるセミナーです。(オンラインはZoomを使用します。)

労働契約のなかでも、基本的な事項を中心にセミナーが行われます。

  1. 労働契約法をはじめとした労働関係法令の基礎
  2. 無期転換ルール
  3. 副業・兼業の促進

セミナー自体は2時間30分、その後は個別相談会ということで1時間の枠が設けられています。無料で受講ができるので気軽に申し込みが可能です。

公式サイトより

以下、公式サイトより抜粋しました。

労働契約法・労働基準法で定められていることなど、労働者の皆様が安心して働くために知っておくべき重要なルールや、労働者・使用者それぞれの権利・義務などをわかりやすく解説いたします。

また、無期転換ルールについては、施行から5年を経過した平成30年4月1日以降、このルールに基づき、多くの有期契約労働者に無期転換申込権が発生していることから、円滑な無期転換を進めるための適切な対応が必要です。このため、無期転換ルールの具体的な導入方法のほか、先行している企業の導入事例を紹介いたします。

さらに、副業・兼業の促進について、現状や促進の方向性、労働者と企業のそれぞれの留意点をわかりやすく解説いたします。

厚生労働省委託事業 労働契約等解説セミナー2021 リリースより引用

最近は、「働き方改革」という言葉をいろんなところで耳にします。会社にいる時間を短く、家庭と仕事の両立だったり、働く人にとって負荷を掛けないようにと世間が変わってきました。でも一方で、やっぱり働く時間が短かったり、日数が減れば総収入的なものは減る傾向にあるのは間違いありません。だからこそ、国も副業だとか兼業を推進しているのです。

会社で採用を行う立場からすれば、矛盾を感じざるを得ません。

【まとめ】労働行政主催のセミナーは定期的に参加しておくとよい

今回は委託事業とはいえ、ベースは厚生労働省の主催のようなものです。

無料で参加ができること、会場開催もオンライン開催も、両方ともあることなど、セミナーを受けやすい環境が整っています。労働者としても、会社の担当者としても出席できることも大きなメリットの1つです。

人数制限はありますが、気軽な気持ちで聞いてみてはいかがでしょうか。

本日のまとめ

本日は厚生労働省からの委託事業の1つである「労働契約等解説セミナー2021」の内容について書かせていただきました。行政主体のセミナーだったり説明会は無料で参加できるものが多いですので、参加して有意義な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告