携帯からの営業電話には注意すべきなのか?【カケアイからの営業】

紹介

携帯電話から営業の電話がありました。

どういった会社ですか?

この疑問を解決します。

この記事の内容

今回はグループ企業あてにもらった営業の電話です。

実は、前週に引き続いて、同じ件で2回目です。

内容は少しちぐはぐでしたが、皆さんの備忘録として書かせてもらいます。

電話があったのは「カケアイ」という会社

カケアイという会社の営業担当者から電話をもらいました。

  • 掛け合い
  • カケアイ
  • かけあい
  • kakeai

よくわからないので調べてみると、KAKEAIと表記されていました。

東京にヘッドオフィスのある、インターネットサービスの会社です。

提案内容について

求人検索サイトで上位表示されるように原稿の内容を一緒に見直しませんかという内容でした。

初めて聞いた時に、

  • 内容の見直しだけで終わるはずがない
  • ほかの営業につなげてくる可能性が高い
  • 電話をかけてきた人があまり詳しくなかった

そういったところから、今回はオンラインでの商談に至りませんでした。

【まとめ】KAKEAI担当者からの原稿改善の提案電話

応募獲得を目的とした原稿改善の提案営業でしたが、実際に商談まで至っていませんので、受けるであろう営業の内容はよく分かりませんでした。

そして、アポイントの電話をかけてきたスタッフは直接の営業担当者ではないので、細かい話の内容がよく分からないとのことでした。

ある程度の知識はもっているつもりなので、あまり知らない人から営業の電話をもらっても、ぜひ商談にというふうにはつながらないものです。

無料でどうですか?という営業の電話をもらうことがあります。でも、無料でというような慈善事業的なビジネスってとてもレアですよね。そのときは無料でも、どこかの展開のなかで変わることがよくあると思っています。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告