【派遣会社選び】一般社団法人日本BPO協会への加盟は選定条件の1つ

人材サービス

派遣会社が営業に来ました。

どんな点で選んだらいいですか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・派遣会社ってどうやって選んだらいいの?
 ・BPO協会ってどんな団体なの?
 ・みんなが重視している派遣会社選びのポイントは?

派遣や請負などのアウトソーシングサービス事業を行う会社から営業を受けることは多いです。

会社の数は多いので、会社選びに迷うことも多いです。

見た方がいいというポイントをいくつか書かせていただきます。

よく会社の信頼性を高めるために団体やグループに所属していることをポイントにする場合もあります。

本日は、そのなかでも日本BPO協会という一般社団法人について書きます。

派遣会社選びのポイント

派遣会社選びのポイントはいくつかあります。

会社ごとに長所・短所があり、抱えている課題を解決してもらえるかがポイントです。

ポイント
・人材供給力
・コスト削減
・その会社が強みをもつ業種・職種
・営業担当者の人柄
・会社の姿勢

こういったことは一例にすぎません。

本日の記事はそれ以外の観点で見ることにします。

事業運営が適正に行われているかどうか

人材事業を適正に行っていないと、派遣・請負先の会社に大きな影響を与えることがあります。

  • 派遣・請負事業が適正に行われているか?
  • 個人情報の管理が適正に行われているか?
  • 会社の収支バランスは適正か?
適正な事業運営
①コンプライアンス
②収支バランス

コンプライアンス遵守は外から見るだけでは分からないのも事実。

そのため認証を受けることで信用を高めるのです。

  • 日本BPO協会
  • プライバシーマーク(Pマーク)

たった2つのポイントだけでも信頼度は大きく変わります。

一般社団法人日本BPO協会について

BPOとは、

  • Business
  • Process
  • Outsourcing

それぞれの頭文字です。

BPOは、業務改善も含めて長期的な関係になることがアウトソーシングとの違いです。

ポイント
日本BPO協会は、(旧)日本生産技能労務協会という名前でした。
2021.7.1から日本BPO協会という名称に変更になっています。

活動の目的は、「請負・派遣事業の適正かつ健全な運営と、労働者の雇用の安定と処遇の向上」です。

アウトソーシング事業が適正に行われているかどうかをチェックすることで、雇用の安定を図っています。

協会組織を見ると、人材サービスの大手企業が名前を連ねています。

役員企業
【会長】   日総工産
【理事長】  フジアルテ
【副理事長】 ランスタッド、三幸コーポレーション
【専務理事】 日本BPO協会
【理事】   ジャパンクリエイトグループ、ウイルテック、東洋ワーク、
       セントラルサービス、シグマテック、ワールドインテック、
       ワークスタッフ、日研トータルソーシング、
       ヒューコムエンジニアリング、ウィルオブ・ワーク、
       ビーネックスパートナーズ、フジワーク (2021.12.7時点)

派遣に強い企業が多い印象ですが、請負に強い企業もあり、バランスが取れています。

対象領域は主に「製造業務」「物流業務」になります。

  • 法改正への対応指導
  • 労働行政の動向解説
  • 人材定着・育成支援
  • 情報交換

など、様々な点からサポートをおこなってくれます。

【まとめ】日本BPO協会への加盟は会社選び材料の1つ

加盟しているからといって、何もかも無条件にOKというものではありません。

かならず信頼できるというものでもありません。

あくまでも判断材料の1つとして考えるべきです。

逆に日本BPO協会に加盟していないから、ダメということもありません。

会社は外から見ても分からないことのほうが多いので、こうして外から分かる指標は参考になるものです。

まとめ
 ・日本BPO協会は、派遣請負事業を適正におこない、労働者の雇用安定を図ることが目的
 ・役員企業は人材サービス会社の大手が名前を連ねる
 ・加入が絶対条件ではない、非加入だからといってマイナス評価になるものでもない

本日は以上です。

スポンサー広告